小島でのんびり暮らす猫たちとの日常をご紹介します。

April, 2010
-
-
-
-
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-
PROFILE
ひできち

いらっしゃいませ。管理人のひできちです。

ジュリ

2003.4月生まれ。女の子。我が家きっての重量級。気性は荒い。

らんらん

2003.4月生まれ。おっとり型の女の子。ジュリとの仲悪し。

りんりん

2003.4月生まれ。女の子。やや神経質。ちょっと小柄。

トラ

2005.4月生まれ。おっとり型の男の子。しっぽが長い。

レオ

2005.4月生まれ。男の子。らんらんと猫じゃらしがあれば幸せなオトコ。

龍之介

2005.4月生まれ。男の子。マイペース、我が道を往くオトコ。散歩が大好き。

玉三郎

2007年11月に保護。我が家初の真っ黒くろすけ。素晴らしいほどの人懐っこさ。人も猫も犬も好き。2010.1.26旅立ちました。

ミルク

2007年11月玉三郎を保護して2週間後に保護。普段はおっとり、しかし食い物にかける執念は我が家一。



2005年わが家にやってきた。人懐っこく誰にでも寄っていく。趣味…勝手に散歩。2009年3月旅立ちました。

小太郎

2007年7月我が家にやってきた。忠誠心が強く、華以上に我が家を守る律儀な番犬オトコ。2009年12月旅立ちました。

MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




Mar 31, 2010
懲りないんだねぇ・・・
 
ここしばらく冬に逆戻りしたかのような気候だったけれど
今日あたりからだんだんと暖かくなってきました。
 
春ですね〜。我が家の桃の木はもう少しで満開です。
桜はすでに散りかけですね。今年の開花は早かったように思います。
職場の花見は10日。もう咲いてないって・・・。
 
ここ数日連日勤務になっていて、今日は夜勤明け、明日は休み。
疲れた体に鞭打ってがんがんお掃除しました。
 
というのもちょっと理由がございます。
普段仕事してても掃除機かけるのがせいぜい。
でも今回は拭き掃除から消毒まで。
 
理由はこれ。
 
1270040891923454.jpg
皮膚病の猫。正面はひどくてお見せできません。
 
仕事中、窓の外から鳴き叫ぶ声が聞こえてきました。
急いで窓を開けると、そこにこの子がいたのです。
 
1歳は過ぎているだろうと思われるこの子、すごい有様でした。
顔面から肩にかけ毛が抜け、見えている皮膚は像の肌。
体を触るとごつごつとした骨に触れました。
 
仕事中だったためどうすることもできず、私はその場を離れました。
気にはなったけれど、保護するかどうかは考えませんでした。
私の中でどこかで線引きをしなければならないと思っていたからです。
全ての子を救うことはできないから。
 
昼休みに帰る時、私はその子を探しませんでした。
寒い寒い冬を乗り越えたのだから、どうか頑張ってほしい・・・
と、思いながら車を走らせようとした時、
その子がホームの方へよろよろと歩いている姿を発見。
車を停め、「にゃんこ〜」と呼ぶと、「にゃあああ〜」と
大きな声で返事をして寄ってきました。
 
・・・・・・・・・しようがねえじゃん。
 
神様が「よろしくね♪」と言ってるんだ。
 
そう思うことにして家へ直行。(線引きはどうした!!!ワタシ!)
 
こんな大きい子がはたして家に居つくのか。
そして我が家の猫たちの反応やいかに。
 
ご対面はすんなりいきました。隔離していたのだけど
障子をけ破ってはいってきてしまったので止めることもできず。
 
この子がまったく我が家の子たちを嫌がりませんでした。
まるで最初からこの家にいましたといった感じで
ご飯を食べ、コタツに入ってくつろいでいました。
 
マリリンを連れてきた時も不安がありました。
子猫にしては大きい。嫌がって逃げ出すかも。
そしてこの子は成猫。いっぱいいる猫たちの中でやっていけるのか。
 
でも、この子たちは「生きたい」という思いがあったのだと思います。
マリリンは怪我をしてこの子に負けないくらいひどい状態でした。
両方とも骨と皮。ここにいなければ待っているのは何なのか
本能でわかっていたのではないかと思います。
 
そして我が家のネコズ、こやつらは子猫がきても成猫が来ても
反応は同じであるとわかりました。
 
何だコイツ?誰だコイツ??という反応をしても
手を出すことはありません。
 
ありがとう、君たち。
 
最初の3日くらいはカーペットの上でオシッコされて悲鳴をあげたけど
今ではどうにか猫トイレを使ってくれてます。
撫でるのに結構勇気がいります。
とっても人懐っこくていい子です。
 
そして私は初めてみました。
この子がコタツの上で香箱を組んでいる時、何気に見ると
この子の禿げあがった頭の上から湯気がたっているのを。
春とはいえ、まだまだ寒い。
あのまま外にいたらどんどん体温が奪われていったかもしれない。
どうか薬が効いて早く良くなりますように。
 
1270040916171486.jpg
私のズボンの紐にじゃれついているマリリン。
暴れまくっております。一人で・・・。
 
1270040927667587.jpg
コタツでくつろぐ桃。
 
ホントに性格がまるっきり違う2匹。
見てるとホントおもしろいです。
 
2匹とも猫風邪を引いて病院のお世話になりましたが
無事良くなりました。この2匹でとどまったのは幸いでした。
 
 
 
 
 
Mar 01, 2010
オレが一番!!!
 
我が家では、日夜すさまじいバトルが繰り広げられている。
 
私はそれを気が遠くなる思いでただ見守るだけしかできない。
 
そう、ただ見守るだけ・・・。
 
トラ、レオ、龍之介3兄弟による「オレが一番!!」合戦である。
 
もうホントに気が遠くなる気分ですよ。ほほほ・・・。
 
私は仕事から帰ると息を止めて玄関に入ってくる。
そして改めて臭いをかぐのだ。
 
「くっさー!!!」
 
と思えば死に物狂いで臭いの出所を探す。
そう、そこかしこでスプレーをかましているのだ。こやつらが。
私の帰宅は臭い確認から始まる。
 
バカたれがっバカたれがっバカたれが〜〜〜!!!
 
叫びながら掃除をするのである。
当の本人たちは知らん顔。現行犯ではないので叱ることもできない。
誰がやったかわからないが、3匹ともやっていることはわかっている。
 
あんなに必死になって育てたのに・・・。
恩を仇で返されるたぁ、このことだよっ。
 
が、どうやら、最近ようやく順位が確定しつつあるようだ。
 
1267447770340462.jpg
 
これはレオがりんりんにちょっかいを出そうとしているところに
トラが割って入った図。
 
1267447798781206.jpg
オラオラオラ、舐めたまねしてるとぶっとばすぞ!
 
レオはいつもりんりんにちょっかいを出す。
りんりんはレオが大嫌いだ。
 
1267447812967154.jpg
トラちゃん、やったって!!
 
その後乱闘にはならず沈静化。
 
1267447839017881.jpg
勝者トラ。現段階暫定一位。
 
 
1267447860978790.jpg
次点レオ。
 
1267447739457676.jpg
棄権。龍之介。
 
実際、レオの方がトラに戦いを挑んでいることが多い。
しかし、意気込みのわりにはいつもすごすごと引き下がる。
 
逆にトラに挑まれると完全に体は下になり戦う前から負け決定。
そして腹いせに夜中にスプレーしてくれる。あほんだらがっ。
 
龍之介も戦いに参加していないくせに、スプレー合戦には参加している。
この3匹、我々の見ている前でも平気でやろうとするのが腹立たしい。
 
なにやっとんじゃあ〜!!
 
と叫ぶと、「え?・・・何?なんでいけないの???」
とホントに不思議そうな顔をする。きいいいい。
 
1267447850647536.jpg
 
トラはこのように女性陣と一緒に寝ることができる。
普段はおっとりで優しい猫なのだ。
 
でもレオはりんりんとは絶対に無理。
オトコのくせに女の子に手を出すなんざ、許せねえ。
こういうところでトラとの格の違いが出るのである。
ふっ・・・ボスなんてムリムリ。
 
1267447754085740.jpg
 
実は我が家で一番でかいのは龍之介である。
トラ、レオから戦いを挑まれるとすぐさま白旗をあげる龍之介。
自分が他の2匹よりでかいということにいつ気づくだろうか。
 
ま、気付いたところでどうなるもんでもないと思うが。
戦闘意欲ナッシングだもんね。だからやめてよスプレーは。
 
1267447877279236.jpg
オトコってバカ。
 
事実上我が家癸韻離ンナ。坊っちゃんたちよ、そのことわかってるのか?