お猫様たちにお仕えする、ばあやの愉快な毎日を写真と共にお届けします。

November, 2010
-
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-
-
-
-
PROFILE
「日々是好日ニャン」

にゃんこのばあやのホームページです。ホームページをクリック↓
ホームページ
白兵衛(ちろべえ)12才 


ホームページ
凛(りん) 5才


ホームページ
桜(さくら) 3才

すず、チャコ、葉月、トコのママ↓
ホームページ
葉月(はづき)2才

 ↓
ホームページ
仔猫写真館「陽だまり」

 ↓
ホームページ
「こねこアルバムvol.2」

「アルバムスライドショー」です。05・9〜10月 (ホームページ↓をポチッ)
ホームページ
「こねこアルバムvol.1」

2005年8〜9月 ↓
ホームページ
「こねこアルバムvol.3」

仔猫写真館「陽だまり」のスライドショー↓
ホームページ
「こねこアルバムvol.4」

2005年11月〜6年1月↓
ホームページ
茲垢梱薀船礇魁2才

yumiママ宅へ里子に行った、桜の長女と長男

船田トコ 2才

里子に行った、桜ママの末娘

「わんにゃん里親募集中!」

管理人「にゃんこのばあや」の里親募集ブログです。「里親募集中」をクリックすると、メールが送れます!
ホームページ
千雪姫(ちゆき)

2006年6月19日生まれの女の子。1才

幸太郎(こうたろう)

2007年5月、家の子にお迎え。4才の男の子。2003年5月18日生まれ

花梨(かりん)

2007年6月2日家族にお迎え。我が家の末っ子

迷子猫「コア君」

8/12埼玉県越谷市の自宅より行方不明になってます。「コア君」生後7ヶ月のソマリのオスです。詳細は↓「にゃん・ニャン・NYAN」へ
ホームページ
RECENT
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORY
LINK
MYALBUM
SEARCH
PR





ペット大好き!ペットのブログペログートップ
RSS
Dec 02, 2007
ツブちゃん、嫁ぐ!
1196599845825486.jpg
 
お友達の川島家の秘蔵っ子「ツブちゃん」が
お日柄も良い本日、めでたく嫁ぎました〜!
 
遠くにお輿入れのため、「会いに来るなら、今のうちです」と、
お誘いいただき、先週の土曜日、
「突撃!ハトアタック!!」のご一家を、shinonさんと突撃〜!
 
 
1196599881223096.jpg
 
川島家の接待部長の「楓」ちゃんの
お出迎えを受けました♪
 
 
1196599941021689.jpg
 
知らない人が、ズカズカ!
馴れ馴れしい態度に、ツブちゃん、腰が引けてます。
写真ではも一つですが、青い瞳の美しい子ですよ〜。
 
 
1196599992690813.jpg
 
 
個性豊かな「縁くん」
川島家の保父猫さんで、この日、同行した
「しま男」くんに、興味津々。
 
1196600299954238.jpg
 
 
お風呂場で、「しま男」君がシャンプーされてる間中、
その鳴き声が気になって、
ドアにへばりつき、オロオロ・・・。
大きな身体の、心の優しい兄貴です。(^^)
 
 
1196600398963340.jpg
 
シャンプーして、ますます、いい男に!
生後3〜4ヶ月、人懐っこく大らかで、おっとりした
性格のいい子です。
ワクチンを昨日、終えました。
「里親さん、募集中です。」
 
 
1196600450006361.jpg
 
ツブちゃんは遠方までドライブして、新しいお家に
行きました。
道中、心細くならないように、保父猫「縁くん」が
付き添って行きました。
 縁くん!どうも ご苦労さま!
 
今回、お目通りが叶わなかった「零ちゃん」「椛ちゃん」「阿君」
次回は是非、お顔を見せて下さいね〜。
麟太郎さん、shinonさん、お世話になりました。
みゆちゃん、また、遊ぼうね!
 
 
 
。。。。。一方、我が家では・・・。
 
 
1196600583236779.jpg
 
 
我が家の保母猫、「葉月」です。
新入り「白チビ」ちゃんを早速、チェック!!
 
1196600618377408.jpg
 
 
まだ、1ヶ月ちょっと。女の子です。
ふわふわで、遊ぶ時は白い毛玉が転がっているかのよう。
 
あまり小さいので、もう半月くらいは
家においておきたかったのですが、
里親になられる、ご近所の方が我慢できないと・・・。
メチャメチャ可愛かったです。
 
チビだけど、とても活発で元気印。
動きが早すぎて、写真が難しかったので、
ムービーでどうぞ!
 
1196600711355261.gif
 
千雪姫が「だあれ?」と、鼻を付き合わせて、慌てて逃げて行きます。(笑)
 
 
1196600711355261.gif
 
ムービーでも、動きが早過ぎて、
ポンポンと一瞬の間に、いなくなってしまいますね。(^^)
カメラに顔をくっつけ、お尻と長いシッポを見せているのは、
花梨です。どうも失礼!
 
Nov 05, 2007
マヤちゃんを偲んで・・・


去る10月17日に、お友達のtenkomoriさん(「本日もまったり。。。」)
愛猫「マヤちゃん」が虹の橋に旅立ちました。13才でした。

お気持ちをお察しして、記事にするのを迷い、ためらっておりましたが、さりとて、このまま素通りも出来ずにおりました。
月も変わり、tenkomoriさんの寛容なお心に甘えて、追悼の記事を書かせてもらうことにしました。
写真は全部、tenkomoriさんの撮った物をお借りしています。




tenkomoriさんとは、私がホームページを作るきっかけとなった
「日本野良猫協会」というサイトで知り合いました。
最初に見た、小さい頃の天使のようなマヤちゃんの写真。
あまりの可愛さに、一目ぼれでしたね〜!



その次の投稿。驚きでした。
合成?と思いましたら、「マヤちゃん集中!」と言うと、少しの間、じっとしていてくれるのだとか。
その後、我が家の猫たち、全員に試しましたが、誰ものせてくれませんでした。
ブログでは、もっと驚く写真で、楽しませていただきました。




この真剣な表情が、たまりません。
マヤちゃん家は、人間のトイレと一緒です。
ちゃ〜んと、フチにつかまって、お行儀いいですね〜。




手作りの首輪。マヤちゃんにピッタリの色を選ぶところがさすがです!
家の子たちにも、真似をして作らせてもらいました。

気品があり、「お局さま」と、かしずかれ、その魅力がユーモアたっぷりのtenkomoriさんの文章に引き出され、いつも楽しみにしていました。本当に、ありがとうね!

tenkomoriさんもご自身のブログで、
「この悲しみよりも13年間のたくさんの幸せをもらった事に感謝しなければね」
と、書いていらっしゃいました。
tenkomoriさんの家の子になれて、いっぱい愛されて、良かったね。
次も、ちゃーんと、ご指名して、tenちゃんの家に生まれ変わって来るんだよ!きっとだよ〜!
マヤちゃん、またね〜!

今は、痛みからも解放されて、静かに眠るマヤちゃんのご冥福を心からお祈り致します。tenkomoriさんの悲しみが癒える日を願って・・・。
Apr 05, 2007
悔やまれます・・・。
庭の桜

 

 

町のあちらこちらで桜が、一斉に開花しました。

我が家の小さな桜も、満開になり、レンギョウ、雪柳と共に、

庭をいろどっています。

ブログはしばらく、お休みするつもりでいましたが、悲しいことがあり、書かずにはいられません。

 

 

 

1175776049217041.jpg

 

 

 

 

昨年の7月の記事に載せた時の「イケメン君」です。

昨夜、この写真のデッキに置いてある、猫ベッドに入っていて、

病院へ連れていきました。

かなり衰弱しているけど、全身に広がった疥癬をまず、治してやらないことには、という事で注射をして帰宅。

一度に食べさせてもと思い、少量だけ食事をさせ、家の中には入れられないので、デッキにケージを出し、ダンボールで囲って

湯たんぽを入れておきました。

 

 

ブーケ

 

 

 

今朝、ご飯をあげようとしたら、もう息をしていませんでした。

見る影もない姿で、顔もわからなくなっていたのですが、毛の色とシッポで

ご近所猫の「イケメン君」ではないかと思い、

じいやと二人で以前の写真を出して確かめました。

彼のようでした・・・。

 

3/31に一度、家の中のチロベエのベッドにいたのですが、

疥癬が移ると恐いと思い、外へ出てもらったのです。

自分の家に帰ったのだろうと思っていましたが、この時に、

保護して病院へ連れて行っていたら、あるいは助かったのでは

と思えて、悔やまれてなりません。

 

 

 

りん01

 

 

 

実はこの日、凛の頭の上の耳の付け根に、カサブタ様になっているのを見つけ、病院へ連れて行ったところ、「猫小胞子菌」という真菌に感染していることがわかり、隔離した所だったのです。

我が家には、隔離できる部屋は一つしかなく、2種類もの皮膚病が他の子に移ったら大変と思ってしまったのです。

 

 

 

りん02

 

 

 

凛の「猫小胞子菌」はカビの1種だそうで、隔離して30日間、

内服薬を飲ませるとのことでした。

甘ったれの凛は、つらそうな様子ですが、あと25日、ガマンしてもらいます。

 

 

我が家の子のことを優先して、彼を見殺しにしてしまったことで胸が痛みます。

彼の方がより早く、手当てと暖かい寝床と食べ物を必要としていたのに・・・。

今度、生まれて来る時は、大事に可愛がってもらえる家に、

生まれて来るんだよ!イケメン君、安らかに・・・。

 

 

 

 

 

 

 

Aug 13, 2006
追悼「小鉄ちゃん」

昨日、戻りました。留守中、たくさんのコメントありがとうございました。

 

コメントの中に、「サンチョボ家」の家主さんから、骨髄性白血病で闘病中だった「小鉄ちゃん」の訃報がありました。

11日未明に病院で亡くなり、今日の午後1時から葬儀、12才と3ヶ月でした。

 

                         

小鉄ちゃん
                 
 
小鉄ちゃんは外猫歴11年、よくぞ家猫となって素直に治療を受け入れ、闘病したものだと感心して、読ませてもらっていました。
小鉄ちゃんの性格も勿論ありますが、家主さんの並々ならぬ愛情と熱意と、協力なさるだんな様のお姿には頭が下がります。
「幸せだったよ!ありがとう!」と小鉄ちゃんは、虹の橋を渡って行ったに違いありません。
心より、ご冥福をお祈り申し上げます。
 
 
ガウラ1ガウラ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家主さんのブログ「ねこものがたり♪」は左のリンクコーナーにもあります。

小鉄ちゃんは、毛色とか、家の葉月とどこかで血が繋がっているような感じで、

 

お父ちゃんはあるいは、こんな子だったか?と私に思わせ、他ニャンとは、

とても思えない親しみを覚えました。年齢からすると、おじいちゃんかしら?

「ねえ、葉月、どう?こんなおムコさんがいたらいいね〜。」

 

葉月「似てる?」

 

 

 「う〜ん、似ているニャン?」 

 

はーちゃん、小鉄おじちゃんはね、とっても、立派ないい男だったのよ。

 

 

昨日、帰ってから、yumiママ宅へ、葉月をお迎えに行き、「おリコウちゃんでしたよ!」と言ってもらいました。

 

 そして・・・、そうなんです。また、「チャコ&すず」が来ていて、賑やかです。

今、私の右横で、こんな風にして、くつろいでいます。

 

 

3ニャンズ

 

 

 

 

 

Aug 02, 2006
 迷子猫さんを探しています!!

  三重県の我が家からは、はるか遠い北海道の迷子猫さんの

 お話ですが、とても他人事とは思えず、お知らせ致します。

 

 詳細についてはAKIさんのHPの「おもも迷子日記」http://www.geocities.jp/ommcat/をご覧下さいますように・・・。

 

  7/27に自宅(北海道江別市大麻栄町)より、網戸を開けて

 いなくなったそうです。おももちゃん、2才です。

 

おももちゃん

 

 

  こんなポスターを作って、ポスター

 あちこちに、お願いしているそうです。

 

 「白タビちゃん」「靴下猫さん」です。

お鼻の白い所も特徴になりますね。

 

 お家から出たことのない子

 だそうですから、

 どこか物陰に潜んで、

 夜、ウロウロしているのかも

 知れませんね。

 寒い時期でなくて、良かったのですが、夏の網戸は要注意!

 出かける時には、必ず鍵をかけましょう!

 

 今まで大丈夫でも、網戸を破ったり、サッシを開けたりすることがあります。

 (ばあやは、何度もそんな目に遭ってます。それもあって、他人事とは思えないのです。もともとの野良さんと違い、自分では食事にありつけない事がほとんどです。車も心配ですし、早く見つけてあげたいです。)

 

 協力できる方は、どうぞヨロシクお願い致します。m(_ _)m

 

 さて、こちらは、野良暮しから、「ニャロメさん家」の家猫となった「もみじちゃん」女の子、4〜5ヶ月です。

  

もみじ

 

 って、お名前がついたのです。もう、可愛くて、可愛くて、メロメロらしく、

 せっせとメールは来るは、写真は来るは・・・。

 以前、「こちらからのメールは楽しい話ばかりで、可愛い猫ちゃんの写真を送ってもらっているのに、私の方は、年寄り猫の病気の話ばかりで、ゴメンネ」なんて言ってましたが・・・。

 

 モミジちゃんが来てくれて、本当に良かった。先住猫たちとも、仲良くやって

いるそうです。

 

もみじ2

 

 

 写真でお分かりでしょうが、左眼が悪いので、通院してますが、今までの通院に比べたら、まるで違うのが、メールから感じられます。

 

 お母さん猫はなかなか、捕まらないそうです。

 子供が捕まったので、警戒しているのでしょうね〜。「フライドチキン」「まぐろ」「スモーク サーモン」ことごとくダメだそうです。

 回転寿司のゴミ箱とお墓をナワバリにしていて、食べ物には困っていなくて、釣られないのかも知れません。

 

 <本日のオマケは我が家の、ワンパク共!> ペット用網戸にして、網戸用の鍵も取り付けましたが、万が一を考え、出かける時は、締め切ってエアコンにしています。

 

仲良し

 

Aug 01, 2006
  ニャロメさん家の新入りさん☆

  以前、紹介した古くからの友人、「ニャロメさん家」

 

 二桁台だったニャン数が、昨年暮れ「タラちゃん」が逝き、今年5月17日に

 チャミちゃんこと「すみれちゃん」逝き、寂しくなっていました。

 

 タラちゃんは生後間もなく、後足を草刈機で切断された子で、自力で排泄できず、他の病気もあり、ニャロメさんが献身的にお世話してきた子で、14才でした。

  チュミちゃんは、ニャロメさんが「ゾッコン」の大切な大切な、お姫様で、

肝臓を悪くし、「ゼッタイに死なせない。」と必死で闘病して来ましたが、16才!

 

高齢で本当によく、頑張りました。

 

  力の限りを尽くして頑張って来ただけに、ご夫婦ともに、すっかり肩の力を落とされて、お慰めのしようもなかったのですが・・・、

 

   「救いの神」はやはり猫さんでした!

 

 

新入り01

 

 

 

  携帯で、送られてきたものですから、画像が悪いのですが・・・。

 

  今、4ヶ月くらい、「モミジって名前はどうかしら?」と言ってました。 

  「ニャロメさん」のおみ足、どうも失礼致します。私しか見ないと思って、送ってきていますので・・・。(^^;)

 

新入り02

  ご主人の仕事先で、野良ママが連れていたので、

「餌付け」して、

それでもなかなか捕まらず、

ついに大きなネズミとりのような

「仕掛け檻」を借りてきて、捕まえたそうです。

 

 最初は逃げ回っていたものの、

この懐きよう・・・!

 

 本人も驚きで、だんな様に

「間違って、よその飼い猫さんを捕まえてしまったのではないの?」と

疑いの声をかけたそうです。(^^)

 

 これから、何とかして、ママの方も捕まえると言ってました。

 

私も、どんなに力を落とされているかと心配でしたので、手のかかる子が来てくれて、しかも、こんなに甘えん坊ちゃんで、本当に良かったと思っています。

 

 

 

  携帯には、トコちゃんの写真も送られてきていたので、おまけです。

  お気に入りの冷蔵庫の上から、お外を眺めています。

 

 

トコちゃん1

 

トコちゃん2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   おまけのおまけ!夢見る葉月

  画像が小さいのですが、古い携帯に

  入っていた、葉月の小さい頃の写真を

  携帯の加工機能を使って、遊びました。

 

   タイトル「夢見る葉月」なんてのは

  どうでしょう?

  正体をご存知ない方なら、OK!ですよね〜。

  (^^;)

Jul 03, 2006
ご近所さん!

おや!おや!葉月ちゃん!ずいぶん、お首が長〜いですね

すずちゃんは、お目目、見開いて、お外に誰かいるのかな〜

 

首長葉月

 

 

網戸越しに家を覗いているのは、隣の畑の持ち主宅の子。

私とじいやで勝手に「イケメン=尾崎」と呼んでます。

この頃、激ヤセして、どこか悪いのではと、じいやと心配しています。

二回りくらい小さくなったように見えます。

いけめん01

 

 

おそらく3〜4才。去勢していないので、そこら中スプレーして回るし、

チロベエ君の宿敵なのです。

でも、「イケメン」とあだ名をつけたほど、可愛い子なんですよ〜。ほらッ!

尾崎というのは、もみ上げが長いみたいな模様から(笑)

分る人にしか、分りませんネ〜。

 

いけめん02

 

 

ゼッタイ家の中には入れないし、お嫁さんが「お金を出して、

猫のエサを買って来た!」なんていう方なのですが、

「好き」なのだそうです・・・。

以前の記事をトラバしておきます。興味のおありに方はどうぞ。)

 

こちらは、お隣の「さくらちゃん」紀州犬で10才の女の子。

 

犬のさくら

 

なかなかの美貌でしょう?横顔もどうぞ!

性格も良く、私とも仲良しなのですが、ウチの猫と顔を会わすと

大変です!

オオカミの子という言い伝えがあるほどの猟犬と

玄関の前から、身構えて一歩も引かないチロベエですから。

 

犬のさくら2

 

 

紀州犬は三重県の南端、御浜町阪本という集落が発祥の地と言われていて、

国の天然記念物の指定を受けています。

 

これは、家の庭にいるので、ご近所とは言いませんね。

苦手な方はごめんなさい。スルーして下さいマセ。

 

とかげ

 

 

1151852145284638.jpg

これこれ、

ここで、ノンビリ

日向ぼっこしていると、

危ないですよ。

 

ハンターたちに

見つかる前に

隠れて下さいよ〜

May 08, 2006
続「ニャロメさん」家のお猫様

昨日はちょっとテーマが重かったので、今日はおまけ!の続編です。

病気や障害のある子でも、「本当に可愛い!」と思って、彼女がお世話していることが、写真を通して伝わるでしょうか・・・?

<ばあやのベスト チョイスです!hanavschirobe

 

まずは、このエリザベスカラーに注目!

こういう類の物を常備している家なのです。

 

古い写真でごめんなさいネ。

 

一番相性の悪かった「はなちゃん」と「チロベエ」の「ニャロメさん」家での1コマ。

4〜5年前のものですから、まだ、若いチロベエ君がはなちゃんにフェイントかまされて、緊張しているのが、わかりますか?(=^ェ^=)

 

「貰って欲しい」と話があった時、どんな子なのかは、聞きませんでした。

どんな子でも受け入れるつもりでいましたから・・・。

初めて、チロベエに会った時の嬉しさは、今でも忘れません。

 

 1147076705996437.jpg<ご婦人方>この寄り添って座っている姿が、ちょっと笑えます。

chiezo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                         ↑ <チエゾウ君>人に姿を見せない彼も、家族といる時にはこんな顔して、くつろいでいるんですね〜。

 

 

<問題児 ター君> 彼の「ああ〜!!!」という話なら、枚挙に暇がない程だけど、この憎めない顔を見たら、日頃のご苦労も吹っ飛ぶのでしょうね。

 

ta-kun01

     ta-kun02目と目の間隔がどうも、どんどん離れていってるようなのですが・・・???               

May 07, 2006
「ニャロメ」さん家のお猫様たち

昨日のポンポンシッポのはなちゃん、がっちゃんに続き、今日は「ニャロメ」さん家のお猫様たちを一挙公開!

 

というのも、彼女の家にはパソコンがなく、昨年から携帯TEL.で写真を送ってくれるようになったのですが、

子供のないこのご夫婦は人知れず、ただただ、猫たちの幸福のために尽くす日々で、仕事もニャンたちの病院代や食費のためにしていると言っていい、暮しぶり。sumire目の見えない子、片足のない子、

白血病・・・など、里子に出せない子たちを引き受け、

大切に育てています。

健康な子の何倍も手がかかり、寿命も短いのです。

好きでやってる事とはいえ、

ちょっと紹介したくなりました。

 

最高齢、推定16才のスミレちゃん。

 肝臓が悪く先日まで、入院してました。

 これは、元気な頃の昨年の写メ。

 

「ゼッタイに死なせないから!」

という、付きっ切りの献身的な看護で、今は小康状態だそうです。

 

チュミちゃん、

ママのために元気でいてね。

 

野良ママからお預かりした兄弟たち。あまり似てないように思うけど、どうかしら? 6匹兄弟で保護したけれど、あまりに人に馴れなくて里子に出せなかったそうです。 15才、みんなトラブルを持っていたので、今はもう、3匹だけになりました。               

chiezochamu

 

 

 ←

チエゾー君

 

チャムちゃん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

junia
 
ピンボケですが、この双子のような1組は兄弟では、ありません。もしかして、どこかで血がつながっているのかも?左、チビコテンテン。↑
右は上の子たちと兄弟のジュニア君。
抱っこして自転車に乗る特技があります。
 ta-kun
年齢不詳、推定14.5才のター君。→
 
湯河原駅の、電車の走る構内で保護。
長い野良暮しでトイレを使ってくれないのが悩みの種。
ステンレスの台(ご想像に 任せます)や洗濯機などを使われ、彼女なりにあの手、この手で工夫してますが、裏をかかれるたびに、
悲鳴入りのメールが届きます。
この子は腎臓が悪く、エイズのキャリアです。
 
 
 
昨日紹介のはなちゃんの1才違いの弟の
タマオ君。先に亡くなった兄弟を含めて、人に虐待を受けていたので、「ニャロメ」さん夫婦以外にその姿を見ることは出来ません。
超臆病のため、病院に連れて行くのが一仕事だそうです。
 ↓
 
tamao
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウチのチロベエ君とも、血がつながっている可能性あり。
もしかしたら、はなちゃん、タマオ君のパパだったりして!f^_^;;
mugi
 
 
2003年に車のボンネットの中から
救出された麦穂ちゃん。→
 
ムギ三毛からつけられた素敵な名前。
 
「ニャロメ」宅で唯一の若手で、
病院通いが要らないのも彼女だけです。