アメショーと立ち耳スコとの楽しい毎日

2010年11月
-
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-
-
-
-
PROFILE
★とらじ(♂)

2005年2月3日生まれ。人にも猫(なな)にも気をつかう優しい性格。最近やっと自己主張をするようになりました。今までは猫をかぶってたのかも!?

★なな(♀)

2006年1月22日生まれ。明るくわがままで一匹狼。基本的に孤独を愛する女ですが、自分が困ったときだけゴロゴロスリスリ甘えんぼに大変身!!

RECENT COMMENTS
RECENT
LINK
CATEGORY
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
MYALBUM
SEARCH
PR




無事に手術が終わりました
12月11日、とらじとななは無事に去勢・避妊手術を終えました。


07-1216-1.jpg


















「ボク、全然平気だったよ!」

と、とらじは言っています(?)が、

「開腹手術をしたななちゃんより、ちょっと切っただけのとらじ君の方が大手術をしたような顔をしてましたよ。」

と先生に言われたことは、内緒にしておこうね(笑)

とらじの精神的ショックはかなり大きかったようです。


お迎えに行ったとき、看護師さんがまず先にとらじを連れてきてくれたのですが

その看護師さんにシャーッ、先生にシャーッ、私にもシャーッ、

あとから連れてきてもらったななにもシャーッ!

もう何がなんだかわからないくらい、いろんなものに威嚇してました。



とらじ、怖かったんだよね〜。でもよく頑張った!


それに手術自体は難しいものではないけれど

一般的に去勢手術をする子猫より大きいので(とらじ、もうすぐ3歳)

切除する周りの血管も太く成長していて、少し大変だったそう。

そういうことから考えると、去勢手術をするなら、小さい方が

体格的にも精神的にもまだいいのかもしれないです。



一方、ななは

07-1216-2.jpg


















「…誰が撮っていいって言った?」



お迎えに行ったときから、普段と変わらずマイペース。

カラーも術後着もないので、毛を剃ったお腹を見なければ

手術をしたとは思えないくらいの元気さ。



さすがなな、大物だね〜と思っていたけれど、私が出かけると

玄関でずっとニャーニャーと鳴いているそうです。

とらじが後追いするのはいつものことだけど、なながそんな風に鳴くなんて初めてのことでした。

やっぱりななも怖かったんだよね。ななもよく頑張った!



手術をしたことに後悔はしていないけれど、とっても切ない気持ちです。

手術前はすごく心配しましたが、2匹ともとっても元気です。

心配してくださった方、どうもありがとうございました。

報告が遅くなってしまってごめんなさい。



文字ばかりで長くなってしまったので、続きに手術前後のことなどを書いてみました。
お時間のある方、よかったら読んでみてください。
スポンサード リンク
(手術前日)
午後7時以降は絶食。
我が家のネコ達は、真夜中の大運動会後にも少しご飯を食べる。
「今日はお腹がすいても夜中に食べられないから」と言って運動会を中止するよう説得したが、通じるはずもなく
運動会は行われた。その後、なながお腹がすいたと訴え、一生懸命に鳴いて、スリスリ、ゴロゴロ。

日付が変わる頃にはとらじも我慢できなくなったようで、お布団から出ている私の頭を噛んだり頭突き攻撃を始める。

ネコ達にしてみたら、どうしてご飯がもらえないのかがわからないのだからね。見ていて本当に可哀相。
気を紛らわそうと、オモチャで遊んだり、抱っこして外を見せたり(真っ暗でしたが…)して一晩過ごす。


(手術日)
午前7時以降、お水も禁止。
いつもご飯を食べる場所で、お行儀よく座って待っている姿や、あきらめて眠る姿を見ると、胸が痛んだ。


午前11時、病院へ連れて行き、血液検査をし、手術のため入院。
その後、それぞれ洗濯ネットのような袋に入れられて別室へ。
同じ日に手術なら、麻酔をかけられるまでは2匹一緒にいられるかと思ったけれど
安静を保つためなのか、別々に待つようだ。

そして手術の同意書にサイン。その文言を見たら急に怖くなった。
手術のメリット、デメリットを含め、よ〜く考えて決めたはずだったのに、いざとなるとダメだ。
手術や麻酔の心配もあるけれど、ネコ達の不安な気持ちを考えたら、涙が出てしまった。

ネコ達を預けて帰宅。
血液検査の結果で、もし手術ができないような状態なら、お昼過ぎに中止の連絡があるはず…。
もし手術中に何かあれば連絡が来るはず…。
無事に終われば、「終わりましたよ」と連絡が来るはず…。
何も手につかず、ただじっと待った。


午後3時半過ぎ「麻酔から覚めたので、6時以降に迎えに来てください。」と連絡があった。


午後6時過ぎ病院へ
血液検査の数値、手術中の心電図の様子など、いろいろ詳しく説明してもらう。
切除したものも見せてもらった。

手術は無事に終わったが、先生が驚いたのは、ななの脂肪。
皮下脂肪も内臓脂肪もかなり多かったので、
次に血液検査をする機会があれば、中性脂肪を調べた方がいいそうだ。
手術後はもっと太りやすくなるから、これからはきっちり食事の管理をしないとね。

ちなみにとらじは4、8キロ、ななは3、5キロだった。

ひとしきり説明を受けたあと、やっとネコ達とご対面。その様子は↑に書いた通り。そして帰宅。


帰宅後、真っ先にご飯の場所へ行った2匹だが、ご飯は8時以降と言われているので、少し我慢。


午後8時、吐くこともなく、元気にご飯を食べ、お水を飲んだ。
術後なのにそんなに食べたり飲んだりして大丈夫?と、心配するくらい食べて飲んだ。


あとは、抗生剤を3日間(とらじ)と5日間(なな)飲ませ、2週間後にななのみ抜糸。そしてすべて終了。


以上が今回の手術の流れです。



術後すぐに手術が無事終わった事を書こうと思っていたのですが
ななのお腹の傷を、私は見ることができませんでした。
実は今もしっかり見られません。
とらパパの話によると、「思ったより傷跡は小さくてキレイ」だそうですが
毛がないお腹を見るだけで、ダメなんです。痛々しくて…。

私は赤ちゃんが欲しくて手術することを悩んでいたと思っていましたが、赤ちゃんを諦めたときに初めて
病気でもないのに手術をすることにも、抵抗があったんだと気付きました。
人が勝手に手術を決めていいのだろうか、とも悩みました。

でも、私、もう勝手なことをしていたんですよね。

勝手に(とらじとななの意見をきかず?)とらじとななを結婚させようと決めて
ななに赤ちゃんを産ませようと決めていたんです。

今、うちのネコ達にとって何が一番いいことなのか、考えてみました。

獣医さんに相談したり、本やインターネットで調べて
不妊手術をすることによって防げる病気があることも知りました。
(逆に、手術のデメリットもあったのですが…。)

どんなに考えても、ネコの意見を聞けない以上、飼い主が判断するしかないんですよね。

ななが周期的に発情し、それにとらじが反応する。
でも相性が悪いのか、うまくいかない。
これって、ネコ達にとって、かなりつらいことですよね。

長いこと考えた末、発情の度に食欲がなくなり痩せてしまうなな、スプレーをしてすまなそうな顔をするとらじを
見るのはもうやめようと思ったんです。

それともう一つ、これまた勝手なことだけれど、とらじのスプレーにもかなり参っていました。


傷跡はほとんどわからなくなるだろうし、お腹の毛もすぐに生えてくるだろうけど
一生懸命考えて決めたこと、その時に思った気持ちを忘れないために、ここに書いておきました。


なな、もうこれからは、発情しないから、のんびりゆったり過ごそうね。
とらじ、ななに…だけでなく、近所のネコさんの発情にまで反応してしまい、今まで大変だったよね。
スプレーをしたあと「しまった!」という顔をして、申し訳なさそうにしていたけど、もう大丈夫だよ(たぶん…)




こんなに長い記録文のような日記を、最後まで読んでくださってありがとうございました。


この記事への返信
お疲れ様でした。
とらママさんがこんなにもお悩みだったとは…
お気持ち察してあげられず申し訳ありません。
うちはブリーダーさんから、それなりの覚悟がある方モラルのある方でないと繁殖はお勧めしないということでしたので悩みましたが、二匹目もオスにして早いうちに去勢させたんですよね。
スコの繁殖はいろいろと難しいようですし。

たしかに人間の勝手で手術したり子供を生ませたり、
猫を飼っているじたいが人間の勝手で監禁しているようなものですもんね。
私も読んでいてだんだん深く考えてしまいました。
そういえば断食させているときが一番心が痛かったんだよな…
なんて私も手術のことを思い出しました。
手元に戻るまで心配で心配で…。

でも手術後が元気だと聞いて安心しました。
猫の意見を聞けない以上、そして自分の勝手で猫たちを飼っている以上、より良い環境で住まわせてあげたいですよね!
しっかり責任を持って育てて生きたいですね!
お互いこれからもがんばりましょうね!
Posted by ようこ | 2007/12/16 20:31:39
とらママさん、とらじくん、ななちゃん
お疲れ様でした。
無事に終わってよかったです。
猫の気持ちを思うといろいろ考えてしまいますね。
でも、いつも見守ってるからこそできる判断だと思います。
今はゆっくり休んでくださいね。
Posted by  | 2007/12/17 00:02:32
とらママさん、とらじ君、ななちゃん、お疲れ様でした。
読んでてまた涙がでちゃいました〜。。。
うちも先日ちびこの手術が無事終わりました。
術後3日目くらいまでは元気で飛び回っていてびっくりしたんですが、なんだか今日から元気がなく、ご飯もあまりたべません。。
今でも心配で心配で。。
痛み止めの薬もらって飲ませてたのですが、それの副作用が胃の調子が悪くなるらしく、どうやらちびこもそれで元気がないのかもしれません。。
ちょっと薬をやめてみようかと思います。
ちびこの元気が無くなってから、心配で心配で。。
色々心配したとらママさんの気持ちがよくわかります。
でも、とらじ君もななちゃんも元気そうで安心しました。
うちもちびこの調子がよくなったら、更新します。
Posted by たまにゃんママ | 2007/12/17 13:01:19
とらママさん 訪問遅くなってごめんなさい。
私の検査で帰宅が遅くて今になってしまいました。
とらじ君とななちゃん、がんばったのですね。
それと とらママさんもがんばったのですね。
確かに人間の勝手で手術・・・胸が痛んだでしょうね。
でも、とらじ君のスプレー行為や発情を迎えた子を見るのは
とても辛いし、当人?もかわいそうだと思うんです。
それならば そんな辛い思いをしないように手術してあげるのも
飼い主の愛情だと私は思ってます。
今 ななちゃんのつるつるのお腹を見て辛いかも知れないけど
だんだん生えてきて、そんで発情しなくなったのを見れば
きっとこれで良かったんだと思いますよ。
私も悩みましたから。
完全室内飼いだし、多頭飼いでもないから必要ないとおもってたけど
一度発情行為を見たとき とてもかわいそうでしたから。
手術するまでも後も大変でしたね。
お疲れ様です。
でもね、いつまでも子供のようでいてくれてずっとかわいい子達でいてくれるのだから♪
無事終わって少しゆっくりしてくださいね。
Posted by とら。主 | 2007/12/17 20:51:52
手術無事終わってよかったです。
とらじくん、ななちゃんお疲れ様。本当によくがんばったね。
とらママさんもお疲れ様です。かなりいろいろ悩まれたようですね。考え始めるとどうしたら一番いいのかわからなくなってきちゃいますよね。猫にどうしたいか聞けないし・・・。
傷口は痛々しいけど・・・でもこれからは発情もスプレーもなくなって、とらじくんとななちゃんもかなり楽になるんじゃないかな。
スプレーはなくならない場合もあるって言いますが、匂いはかなりましになるはずですし。
かりんちゃんの時、傷の化膿止めのお薬を何日か飲ませたんですけど、かりんちゃんそれが大好きで(笑)
粉を水に溶かしてスポイトみたいなので飲ませたんですけど、それを見ると飛んでくるように。何がそんなによかったんだか??不思議です。
ななちゃんは抜糸までもう少し辛抱ですね。
ふたりともゆっくり休んでね。
Posted by あららん | 2007/12/17 22:04:34
ちょっとご無沙汰してました。
ご訪問がとっても遅くなってしまってごめんなさいね。
そして 手術 お疲れ様でした。
無事に終わったようでなによりです。
とらじくんも ななちゃんも頑張ったのですね。
手術前後のお話も読ませていただきました。
とらママさんの優しいお気持ちが伝わってきて涙がでそうでした。
手術を決断するのはとってもお辛っかったと思います。
終わった後の切ない気持ちもよく分かります。
大変でしたね。。
上手く書けませんが・・
今はゆっくり休んで下さいね。


Posted by すず | 2007/12/18 15:43:50
そっか、手術したんだね。
とらじkun、ななちゃん頑張ったね、偉かったえらかった!!
あと…
たくさん考えて悩んで二人のコトを思って胸を痛めたとらママさん、
お疲れ様ね (〃´∀`)
とらじkunとななちゃんの為を思って出した結論だもん、
一番いい選択だったと思うよ!!

とらじkunもななちゃんも元気みたいなのでよかった!!
今はとにかくママもゆっくり休んでね〜。
Posted by さくらmama | 2007/12/19 16:27:03
とらママさん、とらじくん、ななちゃん手術おつかれさまでした。
2匹一度に手術なんて大変そうですね・・・
にゃーちゃんだけでも大変だったのに。
避妊手術だけだと、その日に帰れるのですね。
にゃーちゃんの時は、入院だったから心細かった
だろうと思います。
とらじくんが手術大変だったと、聞くとにゃんごの手術を
どうしようかと、考えちゃいちゃいます。
でもスプレーもストレスになるんですよね?
私も、にゃーちゃんの手術跡があまりにもかわいそうで
直視できなかったので、とらママさんの気持ちが良く分かります。
とらじくん、ななちゃん、そしてとらママさん。
ゆっくり休んでくださいね!
Posted by nyannya | 2007/12/24 00:47:41
゜+。ヽ(*・ω・)ノ。・:*:☆★ Merry Christmas ★☆,。・:*:ヽ(・ω・*)ノ。+゜

素敵なクリスマスになりますように…

術後の経過はどうかしら?
きっと今頃とらじkunもななちゃんも走り回ってるかな (〃´∀`)
Posted by さくらmama | 2007/12/24 14:10:19
★ようこさんへ

手術を決めた時の記事へのコメントで、ようこさんが書いてくれた「大丈夫ですよ」の言葉、
とっても心強かったですよ。ありがとう〜!
赤ちゃんのことは、ななの実家ともいろいろと話していたのですが、確かにスコは難しいようですね。
私の家は子供の頃からネコがいて、出産も何回も見てきました。
だから簡単に考えすぎていたのかもしれないです。
いずれはとらじとななの不妊手術をするつもりでいましたが、1度出産してから…と思っていました。
予防接種や不妊手術、その他いろいろ、猫達にいろんなことを教わった気がします。

手術前の断食、辛いですよね。ネコ達も、見ている方も。
もう手術やめて、ご飯あげようかと何度も思いましたよ。

術後はとっても元気です。先日、ななの抜糸をしてきましたが、傷跡もすごく小さくてきれいでした。
今までも大事にしてきたつもりだけど、これ以上、ネコ達がストレスをなるべく感じないように
一緒に生活していきたいなと思います。頑張りましょうね。


★雀さんへ

ありがとうございます。
とらじはよくオシッコの病気になったりしたので、心配していましたが無事終わりました。
うちには子供の頃からネコがいましたが、でも私が飼っていたわけじゃなかったんだと
よくわかりました。
ご飯のことも、トイレの掃除も、何もかも親に任せっきりで、ただ自分の遊びたいときに遊んでいただけで。
今回のことで、いろんなことを考えました。
それでもまだ足りないこともたくさんあるだろうけど。
いつも見守っているからこそできる判断、そうですよね。
本当にそう思うと同時に、より一層責任の重さを感じました。


★たまにゃんママさんへ

ありがとうございます。
同じ頃にちびこちゃんも手術を受けると聞いてから、その時々に
今頃たまにゃんママさんもこんな気持ちかな?なんて思ったりしてました。
ちびこちゃん、その後元気になったようですね。良かった〜。
私も頭痛で痛み止めを飲むと、すぐ胃の調子が悪くなります。
ちびこちゃんもそうだったのかな?
話ができないネコちゃんの具合が悪くなると、本当に心配しちゃいますね。
自分の体調が悪い方が、ずっと気が楽です(笑)
ななは一度、お腹の傷から出血していて心配しましたが、大丈夫でした。
先日、抜糸もおわり、2匹ともとっても元気ですよ。


★とらちゃんの主さんへ

ありがとうございます。
主さん、検査でしたか。大丈夫だったのかな?
とらじとなな、頑張りましたよ。私はただくよくよ考えてオロオロしていただけです。
春に大きな発情期があるらしいので、それまで手術を待とうか、ということも考えましたが
やっぱりこれ以上延ばしても可哀相なだけかな、と。

最近の2匹はすごく仲良くケンカしています(笑)
とらじの切羽詰まった感じがなくなったというか、無邪気にじゃれあって追いかけっこをしているように見えます。
いつまでも子供のようで…というのは少し実感してます。
とらちゃんのように「抱っこでねんね」はまだまだですが(笑)、すぐ膝にのってきて甘えるようになったんですよ。


★あららんさんへ

本当に考え始めると、堂々巡りで、わからなくなってしまいました。
手術後、スプレーはともかく、オシッコのニオイはなくなりました。
今までのニオイは何だったの?というくらい、無臭です。
かりんちゃん、お薬が大好きだったなんて!
喜んで飛んでくるかりんちゃんを想像しちゃいました(笑)
ななは先日、抜糸をしてきました。傷は2兌紊両さなものでした。
ななのお腹は、術後2週間で、獣医さんも驚くほど毛が生えていて
傷もすぐにわからなくなりそうです。
ありがとうございました。


★すずさんへ

ありがとうございます。
とらじとなな、頑張りましたよ!
術後3日ほどは寝ている時間が多かったけど、その後は2匹で追いかけっこができるくらい元気でした。
先日ななの抜糸も終わり、「もう普段の生活に戻って大丈夫です」と獣医さんからOKをもらいました。
でもその前から、普段の生活をしていたんですけどね…。
手術は考えて納得して決めたことだけど、やっぱり辛かったです。
自分が体調を崩したり、手術を受けるのは大丈夫ですが、ネコ達の話となると、ダメですね〜。
こんなに長い記事を読んでくださってありがとうございました。


★さくらmamaさんへ

お久しぶりです。
とらじとなな、頑張りましたよ〜。
ネコさんの不妊手術ってみなさんが通ってきた道だけど、こんなに辛いものだったんですね。
これからは、もう二度と手術することがないように、元気に過ごしてもらいたいです。
術後、ストレスから解放されたからなのか、今までの落ち着き払ったとらじとは、うってかわったように
無邪気にななと追いかけっこをしたり、甘えてきたりしてます。
ななの一匹狼ぶりは相変わらずですが…。
それからクリスマスメッセージ、ありがとうございました!
イブもクリスマスも何をするわけでもなく、ただななの抜糸をしただけで終わりました。
でも普通が一番ですよね。と、何もしなかったことの言い訳…。


★nyannyaさんへ

ありがとうございます。
最初はそれぞれ別の日にしようと思っていたのですが、獣医さんに
「術前の食事制限が大変なので、同じ日の方がいいかも」と言われ、そうしました。
同じ日なら、手術前は一緒にいられるし、と思ったけど、それは違ったようです。
にゃーちゃんも入院して頑張りましたよね。大きな手術だったし。
nyannyaさんも大変でしたね。
とらじとななは日帰りでしたが、でも帰ってきて
もし夜中に何かあったら…と、すごく心配しました。
とらじは子猫の去勢手術に比べて少し大変だったというだけで、大丈夫ですよ。
術後のとらじは、子猫のようにお尻をフリフリしてオモチャにとびかかったり
すぐ膝に乗ってきて甘えたりと、本当に子供に戻ったようです。
それにオシッコのニオイが見事になくなりました!
Posted by とらママ | 2007/12/29 18:54:21
私もね、クリスマス何もしなかったよ〜 (*´ω`*)ゞエヘ
普通が一番、何事もないのが幸せ〜ってコトで♡

今年1年、お世話になりました!
よいお年をお迎えくださいね〜 (〃´∀`) ノ
Posted by さくらmama | 2007/12/30 15:44:39
ありがとうございます。
私の方こそホントにホントにお世話になりました。
来年もよろしくお願いしますね。


Posted by とらママ | 2007/12/30 19:19:47


◇ 返信フォーム


名前 :   情報を保存する
メール : 
URL : 
題名 : 

内容 :