猫との生活をぽつぽつと・・・

2011年8月
-
01
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
-
-
-
PROFILE
▼ぷりん

大阪在住50代の主婦です。猫の親子との生活を綴っていきたいと思います。

▼まむ

2003年1月生まれの♀。くっちゃの母親。2004年7月くっちゃを連れて我が家に庭に。2007年9月より家猫に。年々若返り、今や天真爛漫なお子ちゃま。

▼くっちゃ

2004年5月生まれの♂。元気いっぱい好奇心旺盛。食欲も旺盛、何でも食べる良い子。お願いだからカーテンや座布団やタオルは食べないで〜!!

MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




2007/03/29
我が家の招き猫

 

こぷりん(ぷりん家の長男)と遊ぶくっちゃ1175126746769222.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文字通り目がらんらんと輝いています1175126769666518.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この真剣な眼差し  やる気満々1175126798252990.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おりゃ〜1175126823875450.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピカリと目から光線   宇宙猫くっちゃ1175126849947980.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今度は招き猫くっちゃ1175126869206950.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひょうきんなくっちゃがいてくれるだけで充分幸せな気分

2007/03/25
お魚くわえたまむ♪

 

外出しようとしていたら、ちょうどまむが帰って来ました。1174832478856515.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何かくわえています。1174832499306668.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のおみやげですよ。1174832526422947.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クンクン、おいしそうですにゃ。1174832548948390.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三枚におろしてあげるから待っててね。

 

 

がぶり!1174832579997342.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれ〜〜!待ってったら・・・

 写真なんか撮っている場合では無かったですね。

 

 

 

まむは時々お魚を持って帰って来る。最初私はびっくりして、ただ首をかしげるばかりだった。どこから持って来るのか分からず心配した。魚屋さんの店頭から盗って来るのか、どこかのお宅の開いている窓から入って失敬して来るのか、誰かから貰っているのか...。魚の種類はアジのことが多く、丸ごと一尾か二尾、たまに切り身の時もあった。いずれもかなり新鮮そう。うーむ、謎だ。???。。。

せっかくのお土産だが処分していた。

 

ある日私が帰宅途中、ゆっくりゆっくり走らせている軽トラックを発見。最徐行している。なんだか怪しげなトラックだなと思いつつ、徒歩で追い抜いた。家に着き振り返ると、さっきのトラックがゆっくりと我が家の前を通り過ぎ、少し行った所で止まった。男の人が降りて来た。まむが近づいて行く。その人は荷台の箱から何か取り出し道端にそれを置き、まむに何か声をかけてから、又トラックに乗って去って行った。まむはトラックをしばらく見送り、その何かをくわえて戻って来た。口にはお魚。その時やっと謎が解けた。どこかから盗って来ていたわけではなかったようだ。一安心。それからは、せっかく貰ったのだからと、まむに食べさせている。でも内臓は食べないほうがいい。できれば切り身のほうが有り難いのだが。

 

しかし新たな謎が...。

まむちゃん、あの人は誰? 猫好きな親切な魚屋さん? 野良ちゃん達に魚を配って回っているの?

ひょっとしてまむが野良になる前の飼い主さんかもね。

又、???だらけになってしまった。

そのトラックに遭遇する事は滅多に無い。

まむは何かを持って帰ると、必ず玄関のドアの前で 「おみやげですにゃ〜。」といつまでも鳴いて知らせる。食べてはいけない物の場合は、まむには悪いが即処分。人間の食べ物で猫が食べては駄目な物はいっぱいある。

お魚の時は、トラックがいないか見回してみるが、いつもすでに行ってしまった後のようだ

一度その人と話してみたいと思っている。

2007/03/22
くっちゃと家宝?の壺

 

我が家の家宝、300万円の壺。

嘘です。チャリティーバザールで見つけて3000円で買った花瓶。

とても気に入っています。1174526264200958.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くっちゃもお気に入り。

クンクン、フガフガ...1174526294688918.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっ、穴がある!1174526316003188.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕の新しいお茶碗かも...。1174526337399631.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしかして美味しいものが入っているのかな?1174526359450674.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くっちゃ君、頭ぬけなくなるよ〜。1174526380832900.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大丈夫。 ツボを心得たくっちゃ。 ちゃんと抜けました。

おしまい。

2007/03/19
まむの避妊手術後

 

ーー 前回からの続き ーー

 

その後もまむは閉じ込められた生活には慣れる様子も無く、鳴き続ける毎日だった。私はまむにも自分にも 「あと○日だから頑張って!」と言いながら過ごした。

まむくっちゃも喜ぶだろうと思い、時々面会させた。くっちゃは 「お母さ〜ん♪」という感じでケージに駆け寄って行ったが、驚いた事にまむくっちゃに向かって 「フーッ!」と威嚇した。これにはくっちゃも私もビックリ。 「え〜っ、そんなあ...」

あの愛情深いまむがどうしたというのだろう。私は大変な間違いをしてしまったのかと、うろたえた。しかし避妊手術をしたからって、こんなにすぐに母性愛が無くなる筈は無く、手術後も母乳を与え続けている母猫はいっぱいいる。

まむくっちゃに警告したのかも知れない。「来ちゃ駄目!閉じ込められてしまうわよ。痛い目にあわされるわよ。」と。きっとそうだ。私はそう思うことにした。

 

やっと待望の10日目の朝を迎え、病院へ。手術の傷痕は綺麗になっていて何の問題も無かった。エリザベスカラーもとれた。しかし左目の上瞼から少し幕が覗いていたので診てもらった。ストレスを溜めた為、ヘルペスウィルスが暴れたようだった。目薬を貰って帰った。

 

帰宅して庭でキャリーバッグの蓋を開けてやると、まむはピョンと飛び出し、そのまますぐに走って行ってしまった。「わ〜い、自由だ!自由だ!にゃ〜ん♪」

おなかが空いたら帰って来るだろうと思っていた。10日間、与えられたキャットフードを食べていたのだから。しかしその考えは甘かった。夕食時になってもまむは姿を見せなかった。家の近くを捜しに行った。猫のテリトリーはそんなに広くない。草むらを散策中のまむを見つけた。逃げて行く様子も無く、と言って近付いて来る様子も無く、自由を満喫しているようだった。しばらくはそのまま自由にさせておく事にした。気が向いたらその内帰って来るだろう。

毎日朝夕とまむの食事を庭に用意しておいた。だんだんと食べた形跡が多くなっていった。くっちゃと会わせると、お互いに顔をくっつけるようになった。その内、一緒に追っかけっこや隠れんぼをして遊ぶようになった。ストレスが無くなり、目も良くなっていった。

 

でもまむは家の中には絶対入って来なかった。朝晩はだんだんと肌寒い季節になっていた。犬小屋を買って来て庭に置くと、そこでまむがちゃんと寝泊りしてくれるようになった。

こんなふうにしてまむはぷりん家の庭猫になった。

 

 

手術後2ヵ月半のまむ1174262358852928.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この頃にはもうすっかり庭でくつろげるようになっていた。

 

2007/03/15
まむの避妊手術

 

ハムスターのとっと子を病院で診てもらっている時に、猫の避妊、去勢手術に関して色々と聞いてみた。生後6ヵ月でできるらしい。くっちゃはまだ少し先のことだった。まずはまむ。猫は年に3回は子供を産めるらしい。まむはひょっとしたら、すぐにでも又妊娠するかもしれないと言われた。大変だ。実際、茶トラの雄猫がいつもやって来て、しきりにまむにアピールしていた。まむはまだ子育て中でその気は無いらしくいつも素っ気無い態度をとっていたが...。でもかわいそうな野良猫を次々と増やすことはできない。卵巣摘出手術をしてもらう事に決めた。ごめんね、まむくっちゃを育てて見守っている間、あんなに幸せそうに満ち足りた毎日だったのにね。

 

2004年9月、ワクチン接種の為まむを初めて病院へ連れて行った。くっちゃの時もそうだったが、車で病院に着くまでキャリーバッグの中でずっと鳴いていた「出して下さいよ〜。どこへ行くんですか〜。嫌ですよ〜。にゃ〜!」 心細そうな、でもだんだんと大きくなる声。不思議と病院に着くとピタリと鳴き止む。車の振動が嫌なのか、それとも病院の待合室には何か落ち着く匂いや音が出ているのかな?

この日はまむの手術の日取りも決めようと思っていたのだが、先生から「今日お預かりして手術しましょう。」と言われた。一瞬戸惑ったが、でもなるべく早いほうがいいだろうと、その日まむをそのまま病院に預けることに。

退院後に必要な物を教えてもらい、帰りそれらを買い揃える為に何件かの店に立ち寄った。家猫の場合は特に必要な物は無いのだが、野良ちゃんで雌の場合は、手術で縫った痕を汚したり触ったりしないように充分に気を付けないといけないので、少々大変だ。それにハムスターと顔を合わさないようにまむを隔離しないといけない。大きなケージ、その中に入れる猫トイレを始め色々な小物を揃えた。準備万端でまむの退院を待った。

 

まむは首にエリザベスカラーを付け、おなかは大きく毛を剃られて、縫った痕には大きなガーゼが貼られて帰って来た。痛い目に合わせてしまったね。まむの傷の痛みと同じくらい私の心も痛んだ。10日間ちゃんと世話をしてやらなくては。初めての経験だった。ちゃんとできるだろうか...。

 

それまで屋外で暮らしていたまむは、家の中、しかもケージの中で自由を奪われて、おなかは痛いは、首には動きにくい大きなカラー付きという可哀想な状態で過ごした。自由になりたいよ〜と、よく鳴いた。猫は夜行性なので夜中もずっと大きな声で鳴き続けた。私はそれを見守り、丸一日だけでもクタクタになってしまった。早く10日目が来ますように!

 

食事はカラーが邪魔なので、キャットフードを入れたお皿を口元に持って行ってやるとパクパクよく食べてくれた。自分で毛づくろいができないのでブラッシングをしてやった。気持ち良さそう。蚤はいないと病院で確認済みだった。猫は清潔好きな動物なので、まむはすぐにトイレで用を足してくれた。でも大のほうは、やはりおなかに力が入らないのか、なかなか出なかった。5日目の朝まむの様子を見に行くと大変なことになっていた。少々軟らかめのウ○○をしていて、それが体やカラーやケージ内のあちこちにくっつきまくっていた。うひゃ〜!!全部綺麗にするのにかなりの時間がかかったが、カラーの継ぎ目に入ってしまったのは、いくら頑張っても取れなかった。病院に連れて行き付け替えてもらった。おなかの傷痕も診てもらったが、こちらは異状無かった。良かった〜。でもあと5日残っている。

家に帰り、キャリーバッグを開けると、蓋に血が付いていた。傷口が開いたのかとビックリして、即又病院へ。バッグの中で「出たい、出たい!」とガサゴソ動き回った為に鼻を擦り剥き、その出血だった。やれやれ一安心。

 

続きは次回に。

 

 

 

昨日のまむ1173923546749513.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近くのポストに手紙を出しに行くと、まむがついて来ました。

1173923574994306.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レトロな昔懐かしいポストです。

酒屋さんの看板猫のように写っているまむ

 

1173923593794239.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運動の後のこの一杯がおいしいのよねえ。

2007/03/12
猫も夢を見る

 

猫は人間よりもずっとよく眠る。その分夢もよく見るようだ。

くっちゃは時々寝言を言う。「ふにゃふにゃ、もごもご、むにゃむにゃ・・・」

口をモグモグ、ペチャペチャさせている時は、何かおいしい物を食べているのだろう。起こさないようにしなくては。

手足もよく動く。歩いて、走って、ジャ〜ンプ1173662611833629.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

耳、目、鼻、ひげもピクピク、ピクピク。

どんな夢を見ているのかな?

楽しい夢ならいいな。 穏やかな夢だといいな。

  

 

猫さんと遊ぼうか。 うん!1173662634844665.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

猫さん、猫さん、おっかけっこして遊びましょ。

起きてくださいな、チュッ!1173662717862631.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いま眠いにゃよ。。。1173662739355847.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ZZZzzz。。。...1173662777581969.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

起きるまでここで遊ばせてもらおうよ。

そうでちゅね〜。 1173662842671194.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほのぼの  ほのぼの

 

 

2007/03/09
箱だいすき

 

あれっ、新しくできたトンネルかにゃ?1173403072853876.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

狭くて暗くてワクワクするです1173403102224485.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カメラのフラッシュでむちゃくちゃ明るいですけれど・・・

 

 

おいしいかも・・・  ガブリ!1173403121626417.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

箱の反対側から見るとこんなふう。1173403152861878.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173403176595623.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あちゃ〜! くっちゃったらお尻が・・・

皆さん、どうも失礼しました。

 

 

又こんな箱も穴を開けて、おもちゃを入れてやると1173403218108463.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何か隠れてるですよ1173403247620114.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チョイチョイ1173403275525676.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっ! すばしっこい奴め1173403313216217.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きな箱は別荘にもなります。1173403341870508.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーむ、耐震強度は大丈夫ですかにゃ?

 

 

どんな箱も我が家では大活躍しています。すぐには処分してしまわないでくっちゃに献上。こんな物で大喜びしてくれる庶民的なくっちゃが大好きです。

2007/03/06
まむと散歩

 

お天気が良かったので、まむと散歩に出ました。

 

まむちゃん、お出掛けしよう!1173192299447077.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どこいくですか? お供するですよ。1173192345061194.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はいいお天気だね。1173192375494350.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

散歩日和ですにゃ。1173192430633654.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テクテク・・・ 足取り軽く。

一緒にお出かけうれしいな〜♪

 

 

まむが何か見つけた。1173192460254471.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

向こうもまむを見つけた。1173192496534869.jpg見つめ合う二匹。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まむによく似た黒猫ちゃんだ。 親戚かも 知れないな。1173192535095229.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この辺りには、まむ似の猫ちゃんが何匹かいる。

 

 

ただいまあ!1173192588590422.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おかえりなさ〜い!1173192639010297.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく歩いたわ。1173192681607786.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きれいに毛づくろいして...日向ぼっこ。1173192793754387.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ZZZ・・・1173192868326984.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まむは、ぷりん家の誰かが歩いて出掛けようとすると、付いて来る。自分のテリトリーの境界まで来ると立ち止まり、「これ以上は行けないです。ほって行かないで、お願い。」とでも言っているようにミャーミャー鳴く。ただの散歩の時は、こちらもすぐに引き返すのだが、用事があっての外出の時は、「まむちゃんは先に帰っててね。」と別れを告げる。行き先がその辺の郵便局だったり歯医者さんだったりして用を済ませての帰り、さっき別れたあたりまで来ると、何処からともなくまむが現れ、「おかえり〜!」と又ミャーミャー鳴く。ずっと待っていてくれたのだ。可愛いまむ

時間のかかる用事だったり、電車やバスで遠くまで行く時には、まむを待たせるのはかわいそうなので、徒歩ではなく自転車で家を出るようにしている。自転車だとまむは付いて来ない。車の場合も。遠くまで行くと解っているようだ。

2007/03/04
心奪われて

 

 くっちゃは家のあちこちの窓から、よく外を眺めて過ごしています。この時もリビングの窓から庭をじっと見ていたと思ったら、なにやら興奮してきました。猫でも来たのかな?

 

 

  ンググ...何かいるにゃ1172964465115365.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  どれどれ。 あっ、ハチさんが遊びに来ていました。1172964492521914.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                        

 

1172964513635735.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  カリカリと窓を掻くくっちゃ

 あれ欲しい! あれとって来て  お願い!1172964532729234.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いやだよ〜。代わりにネズミのおもちゃあげるから、ねっ。

 ハチさんはくっちゃの鼻より花のほうが好きそうだし...。

 

   ジー・・・

1172964562562675.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すっかりハチに心を奪われたくっちゃなのでした。

2007/03/01
くっちゃがぷりん家の家族になった日

 子供時代、塀の上にいた猫にいきなり引っ掻かれた経験のある私は、それ以来猫が苦手になっていた。犬を飼っていたので、その匂いが付いていたせいなのかも知れないし、猫はただ遊びたかっただけかも知れないのだが。とにかく私は大の犬好きで、結婚するまでは犬とばかり生活していた。

 まむくっちゃが庭に越して来た時も、その内又どこかに引越しして行ってくれるだろうと呑気に考えていた。けれども気になり毎日猫親子の様子を観察していた。

 

1172706783542504.jpg
 

 くっちゃは目やにと涙で汚れた顔をしていたが、それはそれは愛くるしい子猫で何とも言えなかった。尻尾が曲がっているのは、どこかに挟まったのか、交通事故にでもあって骨折しているのかと思ったが、本やネットで猫の事を調べて、生まれつきのかぎ尻尾だと知る。曲がった尻尾で幸せを掴んで来るのだそうだ。今は幸せかな?

 

1172707419716649.jpg

 

 まむの母親ぶりは人間顔負けの頑張りようだった。自分のことは二の次で、大事に大事にくっちゃを育てていた。自分一人だけ生きて行くのもさぞかし大変だろうに、子供を育てるには過酷過ぎる環境だ。カンカン照りの猛暑の中、寝床と食べ物の確保、強い伝染力のある病気、犬や他の猫との戦い、心無い人間の心無い行為...。まむの背中は大きく禿げている。初めてワクチン接種で病院に連れて行った時、皮膚病かもと診て貰ったが、検査の後 「怪我か火傷をしたのかも。」と言われた。私は言葉を失った。やけど! まむはどんな人生を送ってきたのだろう?

 

1172706996275577.jpg
 
 私はくっちゃには「かわいいね。」を連発し、まむには「えらいね、かしこいね。」といつも声をかけていた。今でもまむの頭を撫でる時は「まむちゃんはえらいねえ。」と言ってしまう。 まむの頑張りは、もうこれ以上は無いというほどだったが、どうもくっちゃがいまいち元気が無く、目やにと涙が酷くなってきた。猫の病気を調べてみると、どうやら猫ウィルス性鼻気管炎のようだった。子猫には命取りの病気と書いてある。当時うちにはハムスターがいた。2歳になるジャンガリアンハム。2歳と言えば、もうすっかりお年寄りで、しかも闘病中だった。猫を同居させる事はできない。しかし、くっちゃをこのままほっておけなかった。こんなに可愛いのに...。まむがこんなに頑張っているのに...。決心して、ハムスターがお世話になっていた動物病院へ連れて行った。やはりウィルス性鼻気管炎だった。注射をして貰い、ついでにワクチン接種も。飲み薬と目薬を貰った。薬は半年間毎日飲み続けないといけないらしい。肝臓も患っていて、こちらは一年間の投薬が続いた。この日からくっちゃは我が家の家族の一員になった。暫くしてまむも一波乱の後に続いて家族となるが、これについてはいずれ又の機会に書くことにします。