猫との生活をぽつぽつと・・・

2012年3月
-
-
-
-
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
PROFILE
▼ぷりん

大阪在住50代の主婦です。猫の親子との生活を綴っていきたいと思います。

▼まむ

2003年1月生まれの♀。くっちゃの母親。2004年7月くっちゃを連れて我が家に庭に。2007年9月より家猫に。年々若返り、今や天真爛漫なお子ちゃま。

▼くっちゃ

2004年5月生まれの♂。元気いっぱい好奇心旺盛。食欲も旺盛、何でも食べる良い子。お願いだからカーテンや座布団やタオルは食べないで〜!!

MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




その時

 

 

3月11日14時46分
リビングでノートパソコンを前に座っていた私
急に頭がクラクラ
大きくゆら〜りゆら〜り
その3日程前から耳鳴りに悩まされていた為 今度はめまいかと思った
治まって暫くしてパソコンの画面に目を移すと地震の速報が
あ さっきのは地震だったんだ
東北地方の各地の震度を見て驚く
え〜!!目を疑った
大阪の私の住む地域は たいしたことなく震度3だった

 

夫はその時出張先の東京にいた
東京駅構内
仕事が早く済み 携帯で新幹線のぞみの席を確保し あとは出発時間までお茶を飲んだりお土産でも買おうかと
その時 大きい揺れが来る
恐いよりも気分が悪かったそうだ
新幹線も在来線も全てストップ
東北新幹線は完全に運休
東海道新幹線については安全点検の為2時間程の遅延との告知
それがいつまで経っても続く
駅構内の店舗は次々とシャッターが下ろされる
ガラスなど落下すると危険だという理由らしい
夫もコーヒーを飲み終ったころで すぐに追い出されたのだそうだ
新聞を階段に敷いて座り込み ひたすら待つしかない

 

テレビで地震報道を観ていた私
東京でもビル火災 ビルの壁崩壊で怪我人 エレベーターに閉じ込められている人がいる等 

夫に携帯メールを送ってみる
返答無し
暫くして再度メール送信
又しても返信無し
不安が広がる
電話もしてみる
繋がらない
お〜い!無事か〜い!?

 

18時半頃だったろうか
家の電話が鳴る
夫の声だ
安堵
やっと携帯が繋がったらしい
東京駅で缶詰状態
帰れないかも
どうするか決まったら又連絡すると
その時には果たして連絡つくのだろうか?

 

大分してから再び電話
ホテルはどこも予約いっぱいで取れず 本社で泊めてもらうことに
東京駅から30分歩いて本社へ
膝の悪い夫には大変だったようだ
ビルのエレベーターは止められていて6階まで階段
夜は椅子を4脚並べて寝たそうな
明るい内に私が送ったメールは夜中に届いたそうだ

翌日 ヨレヨレになった背広と共に疲れ切った夫が帰阪
新大阪に着いた時には本当にホッとしたらしい

 

東京に住んでいる友人とも連絡が取れ 無事が確認でき安心した

 

未だご家族やお知り合いの安否確認が出来ず 心配していらっしゃる方々の心中をお察し致します

 

 

それにしても今回の大惨事
次から次とテレビの画面に映し出される恐ろしい状況を目にして胸が塞がってしまいます
心が悲鳴を上げています
どうか もうこれ以上酷い事になりませんように!

 

 

今回の大地震でお亡くなりになった方々には心よりのお悔やみを申し上げ ご冥福をお祈り申し上げます
被災された方々には心よりお見舞い申し上げます
避難所で過ごしていらっしゃる方々には もっともっと必要な物資が届きますように
未だ行方不明の多くの方々が どうかご無事でありますようにお祈り申し上げます

 

 

1332323831891319.jpg
 

 

スポンサード リンク


この記事への返信
ぷりんさん、こんにちは。
今回の大震災は阪神以上のもので、画面を通して見るだけで涙がこぼれます。
何度も何度も映像で繰り返される津波の様子・・・もう見たくありません。
今は、不明の方々が無事に発見救出される映像だけ見ていたい・・・そんな気持ちになってしまいます。
どこかで書かれていましたが、繰り返し災害の映像を流すことによって、かえってPTSDを誘発するとかで。
現地に居なかった私達にとっても同じ事なのですよね。
もうこれ以上見なくても、心に深くこの痛みは刻まれました。
誰が忘れるものですか・・・阪神の時のことでさえ、いまだに脳裏から離れません。
旦那様、東京にいらして大変な目に会われていたのですね。
とても怖かったことでしょう。
ぷりんさんも不安で不安で仕方ありませんでしたね。
無事に連絡が取れ、また帰阪されて本当に良かったです。
無事でいられる私達が何が出来るか、出来ることを探していかなければならないですね。
もう本当にこれ以上の被害が広がらないことを願って。
私も暫く明るい気持ちにはなれそうにありません。
ぷりんさんのお宅は揺れたのですね。
私のいる所も震度2という発表はあったのですが、夫も私も何も感じなかったのです。
震度7なんて想像も付きません・・・
実はこの時期、東北に旅行しようという話が出ていました。
夫は石巻は絶対行ってみたいと言っていましたし、
私は山形に行きたいと思っていました。
結局、そこから行き先は和歌山に変わり、
これもまた変わって博多になったのです。
時期も来月にずれましたが・・・もし最初の予定通りだったら私たちもどうなったかわかりません。
それを思うと、遠い土地であっても大好きな場所なので、自分が被災したような悲しみです。
もう本当に神様、これ以上苦しみを与えないでください。
それしか願うことがありません。
Posted by 家主です。 | 2011/03/14 13:29:47
おはようございます。
私も家主さんと同じ気持ちです。
日本中みんな深い悲しみの中ですね。
実際被害に遭われた方々の心中を思うと、ただただ涙するばかりです。
何度もテレビで津波が何もかも押し流し破壊していく様子を観ました。
あんな恐ろしい状況に出くわしたら足もすくみ、まむとくっちゃを助けることが出来るのかと自信を失くしそうです。
海に比較的近い我が町は、震源地が何処かにもよりますが、場合によっては津波に飲み込まれる可能性大です。
津波の恐ろしさを今回改めて認識しました。
あの夜は服を来たまま布団に入りました。
夫も東京から帰ってこないし、いざという時には2にゃんをキャリーバッグに押し込み即飛び出せるように。
そうですね、阪神の時の揺れは今もはっきりと記憶にあります。
花瓶が床に落ちて壊れる音も。食器棚の中で食器が落ちる音も。
その後、今回と同じように次から次と想像を絶する被害の様子が伝えられて、打ちのめされ言葉を失いましたね。

東京に行っている夫の安否確認がとれるまでは、気が気ではありませんでした。
昔と違って今は携帯があるので、いつでも何処でも連絡がとれると思いがちですが、こんな非常時には役に立ちません。
みんな一斉に使用する為規制がかかって繋がらないのです。
せめて東京の何処に行くのかだけでも聞いておけばよかったと後悔しました。
テレビに映し出される人ごみの中に夫の姿が無いかと捜しました。
ほんの何時間か連絡がとれないだけでも、こんなに心配したのですから、被害の大きかった地域にお住まいの未だ連絡が取れない方々のお気持ちはどんなだろうと・・・
東京本社の方には大変お世話になったそうですので、関西に来られた時の緊急時にはお役に立てればと思っています。

行方不明だった方や、取り残されていた方が徐々に救出されていますね。
救い出されるまで、どんなに大変だったでしょう。
多くの方々の無事を願ってやみません。
救助活動の為にも、早く余震が収まるといいですね。
気温の低下も気になるところです。

今回、我が家は揺れたのですが、まむもくっちゃも普段と変わらずでしたし、家具は転倒防止器具で固定してあったのでガタガタいわず、地震とは気が付きませんでした。
とてもゆっくりとした揺れだったので、てっきり眩暈かと。
長く揺れましたよ。
でも動いていた人は気が付きにくかったようです。
ドン!とかグラグラ〜とくる地震の時には、まむもくっちゃもビクッとして暫く様子を窺うのですが、今回はのんびり寛いでいました。

家主さんの旅行の予定が変更になっていて本当に幸いでした。
運命の神様に深く感謝します。
でも行く筈だった土地、旅先で出会うことになっていた人達が被災してしまったと思うと胸が潰れそうですね。
一人一人出来る事は僅かかも知れませんが、被災地の方々の置かれている今の状況が少しでも良くなるように、そして復興に向けて何かの形で協力できればと思います。
Posted by ぷりん | 2011/03/15 09:04:47
ぷりんさん こんばんは

たいへんな災害ですね。今回ばかりは驚愕と恐怖でした。
阪神の時は最初は大したことない…と言った情報で徐々に「こりゃ大変!」でしたが、いきなりの物凄い津波の恐怖に言葉を失いました。
そして、完全な人災の原子力発電の大事故!これは深刻です。私は原発推進派ですが、それを任せる企業と人が今の日本に居るのか?不安になってます。聞くところによると東電の人は鼻持ちならないほどエリート意識が強いらしいです。下請けばかりに丸投げで非常用ディーゼル発電機なんて放ったらかしだったのでは?…と思ってます。“頭脳明晰”でも万能でないのが解らない“頭の悪さ”でしょうか(´`;

さて、帰宅難民になりかけたご主人との“絆”の深さを再確認されたようで…(^^ひしひしと伝わってきました。
こちらでは、娘が何度もケータイしたのですが通じなかったそうで、私がかけると一発でした(^^“隙間を見つけるのウマイ!”が、娘の弁。“バカ言え、こっちのケータイの方が高いンじゃ!”…でした(^^
Posted by kinsan | 2011/03/15 18:23:04
おはようございます。
想像を遥かに超えた大地震、大津波。
被災された方の恐怖は、どんなだったでしょう。
今日は気温も下がり雪が降っている地域も多く。
みなさんの健康状態がとても気掛かりです。
救助員の方のご苦労も。
それに今は原子力発電所事故が新たな大きな不安を招いています。
一刻も早く収拾する事を強く願います。
これを機に原発反対派の数が急増するのは仕方のないことでしょう。
自然の脅威を前になすすべも無いように、人間が作った原発も既に人の手ではどうにもならない恐ろしい怪物になったような気がしています。
現場の方々は危険を顧みず懸命に取り組んでおられるのでしょうが、記者会見の様子を見ていて私もカチンと来た場面がありました。
プライドが高すぎるのでしょうか。
そんなのプライドでも何でもありません。

昨晩は静岡でも大きな地震。
被害が大きく無いことを祈るばかりです。

kinsanは上等の携帯電話のお陰で、娘さんと連絡がついて良かったですね。
でも東京では今も計画停電や商品売り切れ等、不便な生活が強いられているようで、お気の毒です。
こちらでも先日夫が買い物に行った店ではペットボトルの水の陳列が少なかったようで。
店員さんに聞くと、今は出荷を控えているそうで、多分被災地に沢山送られるのでしょう。
隙間を見つける技・・・私も猫から教わらなくては。
携帯はたまたま新しいのに買い替える予定があるのですが、その折りには是非とも上等の物を。
Posted by ぷりん | 2011/03/16 08:13:11
まだまだ安否が確認できない知人がおりますが、
だんだんに連絡が取れつつあります。
今のところ悪い知らせは皆無です。
仙台市泉区は断水でそうで、水をもらうのに5時間かかったそう。
太白区の知人の1人は無事、ただ近所の蒲鉾屋さんの店舗は倒壊したそう。
仙台でも沿岸部と内陸では状況がかなり異なるようです。
でも皆それぞれ不自由な思いをしていらっしゃいます。
仙台出身の者として、非常に心を痛めております。
Posted by トマシーナ | 2011/03/16 10:25:23
こんにちは。
安否が判った方は本当に本当に良かったですね。
どうか精いっぱい元気付けて差し上げて下さいね。
優しさとパワーを送り続けて下さいね。
トマシーナさんのお知り合いの皆様が無事でおられることをお祈り致します。
そして早く連絡がとれますように!
仙台出身のトマシーナさんには、被災地に大切な沢山のお知り合いがいらっしゃるのでしょうね。
毎日毎日どんなにご心配なことでしょう。
心痛お察し致します。
心配のあまり体調を崩されないよう、どうかご自愛下さいね。
被災地で御苦労されている方々が少しでも快適に過ごせるようになりますように。
支援の輪が大きく広がりますように。
Posted by ぷりん | 2011/03/16 15:01:26
ぷりんさんのご主人は東京にいたんですね。
連絡が付かなかった時は、さぞかしご心配したでしょうね。
でも、なんとか無事に帰宅されたようで一安心でしたね。
私には大きな事はできないけど、小さい事だけでも…と思ってます。
Posted by てん | 2011/03/20 18:39:08
おはようございます。
こんな時に家族がバラバラな場所にいるというのは不安なものですね。
ましてや連絡が付かない場合は。
夫の行き先は東京で、まだ良かったのです。
次の日に帰れましたから。
今でもまだ安否確認が取れない方々のお気持ちを思うと堪りません。
毎日、奇跡が起こる事を願っています。
小さな事からでも一人一人の強い思いが大きな支援の力になると信じています。
Posted by ぷりん | 2011/03/21 07:07:52


◇ 返信フォーム


名前 :   情報を保存する
メール : 
URL : 
題名 : 

内容 :