2004年に保護した大きな猫のネル君と後から仲間入りした景虎君、それと実家のお話

January, 2014
-
-
-
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
-
PROFILE
MYALBUM
RECENT
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORY
LINK
SEARCH
PR




Nov 29, 2007
続々・母の愛よりも
m1196263940774868.jpg
にゃに?


・・・・・・いえ、なんでもないのよ。
仲良く寝てるのに邪魔してゴメンナサイね〜(T_T)
Nov 28, 2007
続・母の愛よりも
m1196206213622038.jpg
ホントにゃ〜!
ネル兄にゃん凄いにゃ〜♪
母の愛よりも
m1196178239296940.jpg
母ちゃんの膝より文明が好きにゃ♪
Nov 16, 2007
満員御礼♪
m1195139011876098.jpg“コノ”季節がやってきましたね〜。私の膝の上は満員御礼でございまッす♪
Nov 14, 2007
良かった!
行方不明になっていた『陸』君を捕獲出来たって!

今日『探していますチラシ』を実家に送るんだったけど、必要なくなっちゃった。
これは嬉しいね!
Nov 13, 2007
『寿々』ちゃんと『海』くん、そして『あきたん』.2


2007年11月3日(土祝)撮影


続きです。
画像は里親さんの膝の上にて。


2子ニャンは新しいオウチをウロウロ。
『寿々』ちゃんは何の躊躇もなく堂々と探検、『海』君は様子をみぃみぃ探検開始。
性格は正反対な2子ニャンなのでありました。

しかし、『寿々』ちゃんのことが大好きな『海』君なので、探検しまくっている『寿々』ちゃんの横に「ひょい」と連れて行くと同じようにウロウロ。
尻に敷かれるんだろうな〜(笑)


里親さんの『T』さん。
ニマニマと2子ニャンを眺めています

私と母で別々のペット用品を用意していたのでそれらを手渡し、それぞれの説明。
いっぺんに色々持って行き過ぎたかな?(笑)
私達が居る間に『寿々』ちゃんは新しいトイレで初チッチ。
彼女がすれば『海』君は大丈夫でしょう。

誓約書にサインをいただき、2子ニャンとの写真を撮らせていただいて、無事に引渡し終了。


なんだかんだと『T』さん宅に1時間ぐらいお邪魔してたのかしら。
(『まっちょ』はあがらなかった)


20071103.寿々&海.003.jpg
呼ばなくても何もしなくても2子ニャンズは実家の母の膝の上に乗る。
そして遊び始める。

2子ニャンズは母が大好きなのである。

数日後にはこの光景が新しい「一生のお母さん」の膝の上になるんだよな〜。


なってくれないと困っちゃうけど、ちょっと寂しい☆







帰りはもちろん京葉道路から首都高速使用
『T』さん宅から我が家の最寄りの出口(我が家から10分ぐらい)まで1時間かからなかった速い
しかも、そんなにスピードを出していないのに
行きも普通に走れていれば〜

帰りの800円は元を取った気分だが、行きの700円は返してもらいたい気分だ。


その時点で14時過ぎ。
出口近くでお昼ゴハンを食べました。
で、我が家に寄って『まっちょ』を下ろす予定でしたが、府中の慈恵院に付き合ってくれることになりました。
道の混み具合と時間が不明なので実家で待ってもらっている『あきたん』は姉に頼んで府中の慈恵院で落ち合うことになったから。

こちらは渋滞もなくスムーズに府中の慈恵院に到着。
その時点で16時ちょい前。
しかし、姉が全く来ません。
電話をすると国分寺近辺で渋滞にハマり全く動かないとのこと。
その時点で16時半。

閉門は17時。
慈恵院の方に確認したら「今日は人形供養で職員ももうああいう状態(駐車場の一角が特設屋台みたいになっていて沢山の職員が飲み食いをしていた)で人が居ないもんですから、今いらっしゃるなら受け付けますけど、明日出直して来てください。」と言われてしまった。

既に『あきたん』には一晩待ってもらっているのに。
仕方ないので姉に電話をして事情を説明し、引き返してもらうことに。


実家の母が一言。
『あき』ちゃんは、私と一緒に来たかったのよ。●美じゃ嫌だったんだね。」と言いました。


その通りだよ、お母さん。
あなたの言うとおりだ。
でもね、その反対の意味で「『あきたん』は私の見送りは要らないんだ」って私は激しく落ち込んだわ。

母に定番となった私のハンドタオルを託しました。
(亡くなった子は燃やせる箱の中に母が育てた花に囲まれて眠っています。その顔にハンドタオルをかけるのが定番になっているのです)


母の運転で府中本町駅の近くで私と『まっちょ』は下ろしてもらい、解散。
お互いに長い1日が終わりました。

『まっちょ』には何度もお礼を言いました。
本当に助かったもの。
特に行きの高速(笑)
お礼に府中本町駅の前で焼き鳥とビール(運転から解放されたから)をオゴりましたわ。
Nov 12, 2007
あたふた
昨日の夜親父が入院したそうだ。
とても元気な嬉しそ〜な声で連絡があったらしい。
全くもって腹立だしい。
(知っている人は知っている、家の事情があるのですよ)


そんな親父の入院よりも一大事。


『陸』君が行方不明。
もう2日経ってしまった。

弱虫で泣き虫の『陸』君。
どこに行ってしまったんだい?

毎日毎日実家の母が探し回っているよ。
早く出ておいで。



『ネル』君と『景虎』がウンチをしていない。
2ニャン一緒で既に3日。

今日早退して病院に連れて行く。

油でお尻をチョイチョイしたけど・・・。
今後のために飲ませる用でオリーブオイルの小さいのを買っておこう。
古いのは捨ててしまったから。

病院ついでに血液検査をしてもらおう。
『寿々』ちゃんと『海』くん、そして『あきたん』.1


2007年11月3日(土祝)撮影


はい、行ってきましたよ〜、千葉県F市まで。
我が家から地下鉄に揺られて行けば許容範囲内なのですが、実家からF市までは旅行の距離。
・・*・Black&WhiteCat・*・・ 分家の『kirara』さんのお友達さんで、実家でワンニャンと暮らして居た人で、電話で直接お話ししても安心してお願い出来るお相手なので、遠くても行きますとも


実家の母が朝早くに車に2子ニャンを乗せ我が家に来ました
で、これからの為に30分ぐらい休憩。
『ネル』君と『景虎』は隠れて出て来ません。

やっと『ネル』君が出てきたと思ったら、『寿々』ちゃんをクンカクンカと嗅ぎまくって「シャー」だって。
横から『海』君が出てきたら「もう1匹いたにょかこりゃかなわん」と隣の部屋にそそくさと逃げて行く有様。

なさけない・・・


休憩後、『まっちょ』の運転で出発!
高速に乗りました。
最初は順調だった高速もやはり連休の首都高速ですな。
動かなくなりました。

2子ニャンは母がずっとナデナデしてくれたり様子を見てくれているので安心ですが、困ったことに私のお腹が痛くなって来ました(;^_^A


「おにゃにゃ痛〜い」
「あ、収まった」


これを数回繰り返し、痛い方に落ち着く。


ま:う●こか!う●こなのか!?
私:う●こだ!う●こなのだ!!
母:(後ろで爆笑)


しかし、車はなかなか動かないのである。
まあ、そんな状態なので次の出口(一ツ橋)で降り、トイレを目指す。

直ぐに無事にトイレが見つかり、私はスッキリ〜
『まっちょ』と母は休憩。
しかし、見事に下の道(オフィス街)はガラガラ。
祝日だからか?
そのまま下の道を快適に走りました。


私:ほら、降りて良かったじゃ〜ん。
ま:う●こを正当化するな!
母:(後ろで爆笑)


県内に突入する頃には道が混んでしまってまたまた止まってしまう。
あのまま高速を使っていたよりかは全然マシなのでイライラは無い。

結局、我が家から里親さんのオウチまで3時間半かかってしまった。
実家からを足すと5時間近い。
でも、母の道中の面倒見のおかげか、2子ニャンズはとても元気でした(^-^)



まあ、面白いことに“1”は私のう●こ話で終わってしまうんだな〜(笑)




画像解説
里親さん宅に降り立った2子ニャン。
「一緒に住まわせてくれ」と頼んだぐらい(笑)ステキな新築マンションなり〜
Nov 08, 2007
増えましたよ
この前の土日で『寿々(じゅじゅ)』ちゃんと『海(かい)』くんを里親さんのオウチに連れて行ったり、府中の慈恵院に行ったり、猫友に会いにキャットショーに行ったりしたので書くことは沢山あるのですが、それはまた後日に。


今日はご報告。
実家に『』くんと『』ちゃんが増えました。






エッ!?






』さんと『』さんの方が伝わるかな?
3歳ぐらいのオス猫と6歳ぐらいのメス猫が新たに仲間入りしたのですよ。

オス猫が『』くん。
『クッキー』と『景虎』みたいな色柄で鼻廻りはヒゲ模様。
姉ちゃんから画像を送ってもらいました。

メス猫が『』ちゃん。
黒猫だそうです。
黒猫の女の子は初めてだな〜。
画像を頼んだので、姉ちゃんから今日か明日送られてくるでしょう。


近いうちに実家に行かねばね。
Nov 04, 2007
昨日・今日じゃない
11月2日に永眠した『あきたん』。
闘病期間は昨日・今日じゃないのです。


2006年11月3日
食欲がないので検査のために半日入院。

2006年11月24日
夜中近くに発作。
緊急病院にて応急措置をしてもらう。
「難しいですよ」と先生から言われる。

2007年6月19日
呼吸が荒く酸素室に入院。


何度か本当に危険な状態がありました。
腹水を何度も抜きました。
血管に直接ブドウ糖を注射することもありました。


「本猫の負担が少ないように、痛くないように、苦しくないように、そして、出来る限りのことを」

それを頭に置いて、実家の母と先生が必死の、本気の看病を続けてきていたのです。

先生には「本当によく頑張りましたね」と言われたそうです。
『あきたん』だけではなかったから。
この1年で『リボン』・『ハニー』・『ナツ』・『エム』・『ノリカ』・『トウヤ』・『ミミ』とお別れをしました。


まだ早いし、多過ぎるよね。
必ず別れはくるものだって解っているけど、まだまだ早くて、多過ぎるよね。





いつまで命と向かい続ければ良いのかな〜・・・。
いつまで命と引き合わせられるのかな〜・・・。


凄いね、エネルギーが要るんだよ。
Nov 02, 2007
『あきたん』とお別れです
今さっき実家の母から電話がありました。

私は「嫌な電話だろ」と言って出ました。
母は「嫌な電話よ」と答えました。


『あきたん』が息を引き取りました。
みんなの所へ、キョーダイの『ヒメ』や『ナツ』や『チコ』が居る所へ逝ってしまいました。



「最後にね、“あきたん”って呼んだらこっちを向いて、声は出なかったけど“にゃあ”ってお返事してくれたの」


「お返事してくれたのよ」






今年はちっとも悲しい涙が乾かない。