猫絵師めらの日常茶飯事時々日記

March, 2011
-
-
02
09
13
14
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
-
-
PROFILE
猫絵師めら

昭和37年千葉県勝浦市生まれ。千葉県袖ヶ浦市在住。 猫絵師として描いたネコの数およそ1000匹(更新中)友人の小説家久美沙織さんを筆頭に、直木賞作家の小池真理子さん、漫画家の成田美名子さん、中山星香さんなど著名人の愛猫の肖像画作品も多数製作。毎年、ネコの絵専門画廊銀座ボザール・ミュー、プランタン銀座他で個展、作品展を開催。創作活動のかたわら、銀座プランタン、ペットオフィスの通信講座等の絵画スクールで、色鉛筆画教室の講師もしている。
ホームページ
MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR





ペット大好き!ペットのブログペログートップ
RSS
目羅猫増殖計画!
m1163641577749243.jpg

今度出た「色えんぴつでうちの猫を描こう」ですが、フルカラーなので、はっきり言って前回のぬりえ本より高いです。(1575円です)「見てみたいけど、う〜ん…」と思ってる方も多いでしょう。

でも買わなくても、無料で見られるとしたらうれしいですよね?(うれしくないか…)ずっと手元にある訳じゃないけど、立ち読みよりじっくり見られる方法があります。

…それは地元の図書館にリクエストして買ってもらう事です。図書館にあれば貸出中でなければいつでも見られます。本屋さんで古くなって置かなくなっても図書館ならずっとあります(盗られなければ(^^)

図書館でみんなが見るようになったら本が売れなくて困るのでは?

いいえ、そんなことはありません。小説などの読んでしまえば終わりの一過性の本でないので、借りる方は何度でも借りるでしょうし、手元に必要と思った方は買ってくれるかも知れません。なにより、大勢の人の目に触れる機会が増えるのは大変良い事です。

全国には約3000館の図書館があります。単純計算で、各館1冊買ってくれると、初版完売です(^^)

そうそう!特にお願いしたいのは千葉県在住、在勤の方!県内の図書館ならもしかして「郷土資料」として複数冊(専門用語で「複本」と言います)買ってくれるかもしれないので、著者は袖ヶ浦の人で(ついでに元図書館司書)なんて情報を流して頂けると確実かなと(^^)

これからも本が出せるように、どうぞご協力ください!

 

 
 
スポンサード リンク

この記事へのトラックバックURL
http://cat.pelogoo.com/mauri/rtb.php?no=1163641577788950



◇ 返信フォーム


名前 :   情報を保存する
メール : 
URL : 
題名 : 

内容 :