スノーシューのチャオが自らお届けするブログ「ちゃおのぶろぐ」略して「ちゃぶろぐ」

November, 2010
-
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-
-
-
-
PROFILE
ちゃお

2004年3月17日生まれスノーシューの♂です。よろしく。
ホームページ
MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




Mar 14, 2006
さらにこわいはなし
1142269389120094.jpg

前回のはなしのつづきです。
鳥インフルエンザに感染したネコがこんどはドイツのおとなり、オーストリアでもみつかったそうです。
そのうち2匹は発症せずに、数日後には体内からウィルスも検出されなかったそうです。
感染=死ではないのがわかってひと安心。と思ったらやはりドイツのとなり、フランスでは飼い猫を捨てる人が急激にふえたそうです。これはオイラも予想してませんでした。ノラネコバッシングに発展するかもとは思いましたが、よもや飼い猫をすてるなんて!
前述のように、回復する可能性は充分あるうえ、現時点においては人間への感染はみとめられていません。
飼い主だったらネコの健康を気遣って不安に感じることがあっても、もちろん、現時点で感染しているわけでもないネコを捨てるというのは非常にはらだたしいできごとです。
ゆえにきょうのオイラはふきげんがおです。あしからず。
Nov 01, 2005
どうして!
1130781520290437.jpgとうとう11月になってしまいました。
10月は非常に更新のペースがおそくてほぼ3日に一度くらいのペースになってしまいました。当面はこのくらいの更新ペースが続くと思われますが、どうぞお見捨てにならないよう、お願いします。

さて、ご主人が今日、本屋で「世界と日本の猫のカタログ・2006年版」をチェックしてきたそうなんですが、なんと

スノーシューがのってない

ではありませんか!2005年版にはのってたのに!
まぁレア種は2〜3年に一度しかのらないシステムなのかもしれませんが。
こうなったらこのブログで、オイラのキャラをもってスノーシューの魅力を伝えるしかありません。

え、オイラのキャラじゃマイナスイメージ?
しつれいな!
Sep 09, 2005
号外!
以前、オイラがペログーに文句を言った件、
「Macで絵文字その他が使えない」というのについに対応してくれることになったようです。
ありがとう!ペログースタッフのみなさん。
9月15日に使えるようになるそうです。
それまでMacでの投稿が制限されるようで、今回はVirtual PCというソフトでMacにWindowsのふりをさせて投稿しています。
それにしても、オイラの願いを聞き届けてくださって本当にありがとう!
Aug 04, 2005
代表選手!
1123163901432567.jpg昨日、「スノーシュー」を検索したとき見つけた「にゃんたはうす」さんの猫図鑑で猫モデルを募集していたので、オイラもひとつスノーシュー代表として立候補してみたところ、さっそく載っけていただきました。
なんか晴れがましい気分です。さすがに本屋さんで売っている猫カタログみたいな本のモデルにはなろうと思ってもなかなかなれないわけですが、ここではオイラみたいなふつうの飼い猫がモデルになれるわけです。
なかなか気分いいですよ。お宅のネコさんもどうです?
Jul 24, 2005
ネタギレにつきちょっと反省
1122216583055943.jpg2日つづけて寝てる写真ですいません。
ほんとにお昼寝ざんまいでなんもネタがありません。
最近は生活のリズムが確立されたっていうか、平和に暮らしています。
生活的には幸せですが、ブログ的にはちょっと困ります。
そういえば、ど〜もオイラはこの場を借りていろんなことをみなさんに教えていただいているんですが、こっちから情報発信するケースはほとんど無いような気がします。
これからはもっと勉強していろいろ情報を発信できるようにがんばろうと思います。

これからもよろしく!
Jun 10, 2005
ノラさん
1118413647818758.jpgなんか今日、梅雨入りしたみたいです。夕方から雨が降り出しました。
オイラはウチネコですが、この時期はやっぱりやですね。ノラさんたちはどうやって過ごすのでしょうか。
ご主人の勤め先の裏のちいさな路地にノラさんたちが集まるそうです。そんなノラさんたちをそのうちご紹介したいと思います。
彼らを「野良猫」と呼ぶのはちょっと侮蔑的で失礼な気がするし、「自由ネコ」と呼ぶのはなんかオイラがまるで不自由みたいで卑屈な感じがするのでノラさんと呼ばせてもらいます。
個性的なネコさんたちだそうなのでオイラも楽しみです。なにしろ、ミーさん以外のネコにあうこともほとんどないオイラなので。
May 19, 2005
クローンネコ
にゃーす!
オイラはこう見えてけっこう社会派で新聞なんかもよく読むんだ。
ご主人は自分が新聞よんでるときに上にのっかって邪魔してるだけと思っているみたいだけど、じつはちゃんと読んでるんだ。ただし、興味のある記事だけだけど…。
最近の話題といえばプロ野球交流戦…、じゃなくてクローンネコだよね!
オイラがご主人と出会ったのは、亡くなった先輩ネコのナナさんがスノーシューという種類のネコに似てて、ご主人がスノーシューを探した結果、オイラにたどり着いたといういきさつがあったんだけど、もしナナさんが亡くなったとき、気軽にクローンネコが買える状況だったら、ご主人はナナさんのクローンを選んでいたのかな?って考えたりする。
まぁ、ご主人と1年ちょっと暮らしてきて、ご主人がオイラをナナさんの身代わりとしてあつかっていないのはわかるし、すごく愛されてる自信もある。ネコと人が出会うきっかけはいろいろあると思うけど、結局、日にちを重ねることでかけがえのない存在になっていくんだと思う。
クローンネコは飼い主にしてみれば亡くした愛猫にまた出会えたということになるんだろうけど、ネコにしてみれば、いくらクローンでも記憶までひきついでいるわけじゃないし、亡くなったネコとは別の存在だよね。結局は人間のエゴじゃないのかなぁ〜。
むしろ、捨て猫や野良猫を救済するほうがネコの立場からすると愛情深い人間なんじゃないかな〜。
今日はちょっとシリアスなチャオでした。