シンガプーラのちぃとアッシュ、三毛のまおちゃんとオカメインコのすなちゃん、鉢植えたちとの日記です。

PROFILE
まおちゃん

10歳。かにかま大好きな、ちょっと気難しいお姐さん。マイブームはファーミネーター

ちぃちゃん

9歳。蝶よ花よと育てられ、嫌味なくわがままを通す技は天下無双。女子ならこうありたいもの。ただいま、やる気なくダイエット中。★シンガプーラ

アスラン

2歳。アッシュと呼ばれています。この歳で一児のパパ。我が家で唯一の男の子です。年上の女たちに囲まれて、いい男に・・と思いきや、何だか坊ちゃんな彼。★シンガプーラ

梅芳(メイファン)

アッシュの赤ちゃん。一人っ子様。ママのお家ですくすく成長中!!★シンガプーラ

すなぎも

通称すーさん。またはすなちゃん。半手乗りオカメの彼女、再び手乗りに返り咲きなるか?!★パイド(?)

美輪さん

2007年8月、我が家に降臨。とても綺麗な紫色。前世は天草四郎(かも)。★ベタ

植物たち

胡蝶蘭4鉢、ブーゲンビリア、時計草、マダガスカルジャスミン、ミニバラ3鉢、ガジュマル、あさがお。もっともっと増やしたいけど、いかんせん置き場に困る。

November, 2010
-
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-
-
-
-
MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




Aug 14, 2007
アッシュと清潔トイレ

まだまだ『にゃんとも清潔トイレ』に困惑中のアッシュくん。


かわいくしてみても・・・


元のトイレに戻りません。


しかしだんだん慣れてきたアッシュ。
前は砂に触れるのも嫌!!だったのに、少しは砂掻きもできるようになりました。
うちに来る前は砂だったはずなのに・・・
ちなみにまおちゃん、ちぃちゃんはすっかり慣れてくれました。
梅芳歳時記*1カ月〜1ヶ月3週間(・ω・)


↑生後ちょうど1カ月。
よちよち歩き開始♪
しかし頭が重くてでんぐり返る。
ぼんやり見えはじめたようで、動くものを目で追うようになりました。



↑1カ月と1週。
ピョコピョコジャンプし、ママに噛み付く様といい、ぽっこり出たぽんぽんといい、ノミの妖精のような愛らしいめいめい。
この日初ダッシュ!!
そして頭から転げる。
なにをしても頭が重い、キティちゃんのようなめいめい。



↑生後1ヶ月と2週。
まだまだ頭が重いものの、走り回るように((゚ロ゚ノ)ノ
そして頭から転げる・・・。
お転婆の片鱗を窺わせるめいめいなのでした。
耳の裏を掻いたり香箱を作ったりと、おナマな仕草も。



↑生後1ヶ月と3週間。
産毛がふわふわしています。
お住まいのゲージからも出歩くようになりました。
お兄ちゃん(パパ違い)の蕾夢(らいむ)くんの顔に飛びかかっては投げ飛ばされるめいめい。
でこっぱちがパパに似てきました・・・
あしのうら
1187084559602465.jpg

アッシュの足の裏は甘納豆のよう。
肉球フェチではないですが、齧りたくなります。
(塩味でした。)
Aug 05, 2007
引越し希望。。。
1186323566382499.jpg

ずーっと引っ越したい!!と思っていました。
が、不動産屋さんとの折衝(隠し持っているであろう物件をひねり出させる粘り)も面倒臭く、お金もなく、今以上の物件も見つからず、ダラダラ更新をしてきましたが、この度!引越しが実現しそうなのです!
図面で見る限り、すごくイイ!( ゚∀゚)
外も見たけどよかった!!
もうすぐ中が見られるので、それで大きい問題がなければ決定です♪
ペット可が最優先事項で探してたけど、やっぱりこれってすごいネック・゜・(PДq。)・゜・
当初、足元見られまくりでした(T_T)
なんで?!ってまあ建物が傷むからなのでしょうけど。。。
しかし、今回ペット不可だとしてもこんないい条件の物件はないかも。。。っていうのが見つかりました(◎´∀`)ノ.。.:*・゚☆
とても親身になって下さった、中野はマツ●キハウジング様に大感謝です(^^♪

最近のペットブームの加熱により、ペット可物件増加!!とはよく聞きますが、それって分譲物件の話。
賃貸は、以前に比べて多少は増えてるものの、やっぱりすごく少ないのです・・・
「くっそう!!おねいちゃん、家買うたる!待ってろ!!」
と、猫たちに誓った次第です。
動物が嫌いな人も世の中には沢山いて、それはよくわかるのですが、もっと増えてほしいな。ペット可賃貸。

ブームにより、躾や身だしなみがよくよく行き届いた子(特に犬。)が増えたことに感心します。
飼い主の意識もかなり向上しているのでしょう。
だからこそ、社会的にももっと動物たちを認めてほしい。
ペットという言葉はあまり好きではありませんが、共生動物との歴史が長く、意識も先進的なヨーロッパのようになればいいなー、と熱望しています。
どこの国だったか記憶が定かではないのですが、野良猫は皆無。
その国の猫はみんな飼い猫なのです!
ペットショップなどもなく、欲しい人は保護施設にて紹介されるのですが、100%引き取り手が見つかるのだそう。
コーディネータがいて、その動物に合う飼い主・家庭環境なのかを厳しく判定!
そんな厳しく審査されたら、私、合格する自信ないかも・・・((((;´・ω・))))日中いないし・・・
この国に処分される動物たちや、飢えて雨風をしのぐところもなく、邪険されたり辛い目にあう動物たちがいなくなって、動物たちと暮らすことが、もっと自然な国になりますように。